プロフィール

Nobody

Author:Nobody
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

不思議の国の日記
"I see nobody on the road." 彼女には彼が見えるのです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RABBIT DON’T COME EASY
春連ということで五時半におきる。八時四十五分集合だと?僻地のこともちったぁ考えてくれ。

集合時間には余裕で間に合った。理事長の挨拶後は控え室へ。
ドラリハが位置決め、ホリ決めなどもすべてやってしまうというものらしい。
予定よりちょっと遅れて十一時過ぎにドラリハが始まる。…が、その後がよくなかった。
とにかくヒマ。やることがなさすぎて困る。
ちょろちょろ練習するも時間が余る。なかなか自分の番がやってこない。
やっと自分の番になったのは四時ぐらいでした。昼集合で十分じゃないか。
シンブルは特に変わったことをしないのですぐ終わる。
フィナーレの位置決めをしたらすでに五時前。リハ無しが決定。
リハがないとかやめてほしい。一回も曲つけて通せないわけだから。
控え室に戻ってからはひたすら道具の調整。飛ぶのは勘弁して。
化粧しろ~と言われたが逃げた。知らない人にしてもらうのはさすがに抵抗あるので。
いや、もちろんどなたかは存じ上げていたわけですが……ねぇ?
そんなこんなでリハ後はあっというまに時間が過ぎて本番へ。

控え室にはスピーカーがついていて会場の音が聞こえる。
ドラリハと違いすぐに次の曲へと変わる。…一部が終わってしまった。
Mくんは少しミスをしたらしいがまぁまぁだったようで何より。

ジャグのときに会場に入る。
とにかく指先の汗が気になる。気にするとさらに汗が出て、という悪循環。
コインが終わって板付け。演技スタート。
スポットのまぶしい光ぐらいしか覚えていません。必死。
シンブルが飛ばないかと心配でしょうがなかった。と思っていたら飛んだ…
最後の示しのときに「もっと腰~!」と言う声が聞こえた。構造上無理です。
終わってしまえば気楽なもので。震えるEくんのバウでショーは閉幕。

千葉大の人は結構来ていたようでした。プレゼントもらっちゃった。
演技はおおむね好評のようでした。好評だったのは演技と言うか姿勢?
あと動きが「面白い」と言われた。僕が目指したのは「カッコイイ」動きのはずなんだが。あれ?
千葉大内部はいいとして、一般の人から見るとどうだったんだろうか?気になる。
卒業したGさん、Sさん、Yさんも見に来てくださいました。ありがとうございます。
ふと、こう自分で考えた演技を観客として見てもらうのって初めてじゃなかろうか。
師匠に見てもらわなかったので良くも悪くも個性的なものになったのではないかと。
いろいろ言われるのが非常に嬉しかった。いいね、こういうの。
でも見てもらうのなら完璧なのを見てもらいたかった。汗で無理でした。
緊張するとどうしても速くなってしまう。汗で滑るし。これからの課題だな。

食事をして西千葉へ帰る。助手台を片付けて帰宅。
Eくん、Mくんお疲れ様でした。千葉大の皆様ありがとうございました。
連盟の皆様にもお世話になりました。結局人とマトモに話したりはしてないわけですが。
ちょっと後悔する反面、こんなのでも良かったのではないかとも思う。複雑。

夢のような一夜は終わる。明日からはまた現実に戻らねば。
それでもこの一夜の記憶が現実に立ち向かうための力となりますように。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
いやいや
かっこよかったぜぃ!コールのかけ甲斐もあったもんさ。
お疲れ様でした。
【2006/05/07 19:44】 URL | EIJI #- [ 編集]


どうもです。MC暗転後すぐに始まってしまったのは予想外でした。
ちょっとぐらい間をあけてくれればよいものを。コール(っていうの?)は楽しみにしていたのですが。
ビデオを観るのが楽しみなような怖いような。フィナーレとか。
【2006/05/08 00:41】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://stargazers.blog39.fc2.com/tb.php/140-dc0945c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。