プロフィール

Nobody

Author:Nobody
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

不思議の国の日記
"I see nobody on the road." 彼女には彼が見えるのです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人の空似?
それは必要なような、なくても平気なような。

今日から本格的にテストが始まる。
そんな気分をさらに重くする曇り空。
天気予報では雨が降るらしいので電車で学校まで行こう。

力学のテスト。
とりあえずノートの例題と演習プリントの問題は解いたが、それしかやっていない。
いざテスト問題を解くと…なんとかなりそう?
ハミルトニアンにルートが入るというわけのわからない状況になるも解けるには解けた。
ラグランジュの運動方程式での解と一致しないのは気にしない。気にしちゃだめだ。
コンボになっているので正解ならみんな正解、ダメなら全滅だ。
ネーターの保存量も出るには出たし。ま、いいか。
テストのたびに思うのですが、終わった後にあれこれ確認するのにどれだけの意味があるのか。

Gさんの払い戻し、部会(仮)のための教室取りを終えて駅へ向かう。
ホームでふと顔を上げると、こっちを見てる人がいた。
高校のときの物理の先生に見える。…でも違うような?明らかに僕のこと見てるけど。
軽く会釈する。…笑顔で返された。
先生なのか知らない人なのか判断がつかない。声をかけてはこないし…いや、それにしても。
そうこうしてるうちに電車が滑り込んでくる。偶然にも違う車両になって別れた。
いったい誰だったんだろう?もう確認する術はないけれど。

学校に行ってる間は雨が降らなかった。癪なのでバイトへは自転車で行く。
前レジだったので適当にこなして終わり。

帰宅後パソコンの不調を直すべく四苦八苦。
診断プログラムでエラーが出たので、サポートセンターにメールを送っておいた。
これ以上は僕ではどうにもならんよ。

スポンサーサイト
生成・消滅演算子
う~寒い。相変わらず風邪っぽいな。

自然史は結局一回も完全にはおきてられないまま来週のテストを迎えるわけだ。
スライドって発表には便利なんだろうけど授業には向いてないと思う。
テストは範囲が広い、細部につっこめない、文系の人も多いという条件なので易しいのでは?
テストはなんとかなりそうだが、単位が取れるかとなるとまた別。
レポートが二回ほどあったらしいのだが知らなかったので提出していない。
欠席がないのにレポートのことを知らないとはこれいかに。

書類のコピーをとりに行くも人だらけなのでやめた。
テスト前ってこんなに混むの?みんなノートもってたが。

論理学はちゃんと授業があった。
黒板が汚くて読めない。しかも上書きしていくので解読不能。
論理学の先生とは思えないほどにわけのわからない説明。なんじゃこりゃ。
来週テストの予定がレポートになってしまった。調べなきゃいけないぶん面倒だ。

量力演習はいつも通り。
テストがね~。前回痛手を負っているので不安である。

五限後もコピーは混んでいた。
並ぶのもイヤなので帰り道のコンビニでコピーする。

パソコンでCDを聴こうとするもドライブの調子が悪い。
昨日も調子悪かったけどなんとか使えた。今日はトレイが出てこない。
あまり詳しくないのでシステムの復元やらなにやらをやってみた。
一応トレイは出てくるようになるも、ディスクを読み込まないことが多い。
システムの問題なのかドライブの機械的な問題なのか。
前からCDを聴くくらいしか使っていなかったのでそこまで大きなダメージではないが
これで今我が家でCDが聴けなくなってしまった。
デッキよ、早く戻って来い!

千年紀
二度寝をしたうえでぐだぐだしていたのであっという間にバイトの時間になってしまった。

一箱だけ返品をやって前レジ。いつも通りの長い時間。
帰りに先輩からSTRATOVARIUSの『INFINITE』『14DIAMONDS』を借りた。
借りたのはいいのだがバッグなどを持ってきていないので手で持ったまま自転車で帰るハメに。
借り物なのでのろのろと帰る。

デッキは修理中なのでパソコンでしか聴けない。
『INFINITE』はパッと聴いた限りでMILLENNUMがいい感じ。
HUNTING HIGH AND LOWよりもこれくらいウルサイほうが好みだ。
なんだかYNGWIEっぽいイントロが多い。あんまりYNGWIEは聴いてないんだが。

忘れかけていた学外会計のメールを送る。
Gさんの払い戻しと来年度部費に回していいかの確認。
とくに返信はないので来年度部費になるでしょう。四年生には追いコンで返すかなぁ。

そういえば。Oくん(05学外ブタ監)誕生日おめでとうです。テストがんばってちょうだい。

湖をわたる亀
特に用事のない日。ゆっくり過ごせる。

テスト勉強を少々。
昨日ビデオに録画したマイノリティ・リポートを観ながらやる。
…面白くないぞ。おかげでお勉強の邪魔にはならなかったが。
テスト前ってのは「勉強しなきゃいけない」という強迫観念のようなものを感じるので大嫌い。
量子力学の章末問題を解く。なんらかのカタチでこれがでるらしい。
式の展開や置き換えがなかなか複雑。記号の意味を覚えるので手一杯だ。
あの授業の最後にこんな問題を解いてどうするというのか。
なんだ、授業料はテストの問題用紙にしかなってないんじゃないか?納得行かん。

「Missing」を読み終えた。前編なのでとても短い。
もはやお話自体はどうでもいい、というと語弊があるがあまり気にしない。
気になるのは彼らの物語が迎える結末だけだ。それぞれが迎える結末。
だから最後の巻だけ読んでもいいのだが、間が抜けると気持ち悪いので全部読みたい。

「世界一受けたい授業!」を観る
ワニの巣の中に卵を産む亀の話があった。ワニがいない隙に子亀がひょこひょこ出てくる。
次々に水に入っていく子亀を見て、あぁ彼らは生きているんだな、と思ってしまった。
自分の存在意義を問うこともなく、ただただ生きる。
何の意味も見出せずに生きる人より
彼らのほうが“生きている実感”をはるかに強く感じているんだろう。
生きることだけに縛られないように知恵を得た分、その意味を考えてしまう。
意味を見出せた人が羨ましい。

百万人に無視されても…
あの頃の彼もこんな世界を見ていたんだろうか、と思う。

来週テストの電磁気は結局電磁波の一歩手前くらいのところで終わった。
電磁気は一貫性がなかなか見えてこないので好きではない。数学的にも面倒だし。
ま、一番いい授業だったので落としたくはないですが。

一限後、昨日の情報科学の結果を見に行く。単位は取れてた。これでレポート書かずにすむ。
サ館にて心理学のプリントのまとめ。読んでも意味不明のメモがちらほら。大丈夫か?

心理学は再来週の火曜がテスト。
穴埋めと記述らしい。どうなることやら。

適当に時間をつぶした後調整会議へ。
サークル総会があるのでちょっとしかいられなかった。ゴメンよ。

サークル総会は人だらけ。体育会系と音楽系の人もいるからなんだがいくつ団体があるの?
主にサークルの日の話。今年はなるべく下の階がいいな~。
最後に運営委員のくじ引き。僕はてっきりそういうサークルがあるんだと思ってましたよ。
運よくあたりませんでした。とりあえず仕事は増えなくてすみました。

夜は時効警察を観る。
話によって脚本を書いてる人がかわるらしい。初回と前回の差はそれのせいか。
ちょっと釈然としない終わり方でしたが、まぁ面白かったのでいいや。
毎回のお約束で主人公が話を始める前にメガネを外して
それをヒロイン(?)がすっと自然に受け取るシーンがなんか好き。
あんまりドラマは観ないんだけど、これは毎週観たいですね。

一人振りむいてくれれば人はしあわせ…じゃない?

キンギョハナダイ
一限は下総中山での人身事故のため遅れて始まった。
黒板に「ある程度人数集まったら電話してください」と書いておくってのはどうなの?
授業の残りは五限にやるらしいがバイトなので無理ですね~。

情報科学はテスト。
一通りは答えを書けた。符号化まわりの計算がちと不安だけど。
今日の午後には単位が取れてるか取れてないかが発表されるので明日確認しましょう。

これで授業はおしまいなので、図書館に本を返しに行く。
「デカルトの密室」は貸し出し中。新しめの本だからか借りられないねぇ。
「Missing」は9巻だけあったので借りる。
でも9、10、11でひとつの話になってるんだよな。まとめて返してくれ。
石持浅海は「BG、あるいは死せるカイニス」しか図書館に入っていないのでこれを借りた。
あとは「マイノリティ・リポート」「たったひとつの冴えたやりかた」。教科書も一応。

帰ってからバイトまで「BG、あるいは~」を読む。2/3ほどのところでバイトに。

なぜか四人もバイトがいたためずっと返品。やることがあるのはいいことだ。

帰ってきて「BG~」を最後まで読む。
思ってたより面白い。ミステリーとしてはそんなに完成度が高いとは思いませんが。
殺人事件がどうこうよりもBGとは?っていうほうが気になってしょうがない。
というかこれはSFですねぇ。物語よりも世界を楽しむタイプ。ああいうエピローグは好きです。
この人の他の本も読んでみたいけど図書館にはない。買うしかないのかな?

一年ぶり
ひさしぶりに生きる勇気がわいてきた。本当にありがとうございます。

朝寒くて目が覚めた。掛け布団がめくれて毛布だけで寝てたらしい。
少し体が重い。いつにもまして鼻がぐずぐず。風邪っぽい。

一限後、リフレッシュルームでお勉強。
なんだ、思ってたより八章って難しいじゃないの。これ演算子のカタチを覚えられんよ。

サ館に行くとTさん(学外MC)とKくん(ハト)がマリオカートをやっていた。
今日の幼稚園にはTさんも行ったらしい。や~ありがとうございます。
マリオカートに挑戦するも苦戦。しょうがないよ、まじめにやったことないもの。
Bくんとは部会の話。最終日に部会をやるかやらないか。
部会は人が集まるかってのが問題。
サークルのことをそこまで考えてる人は少ないのですよ。決まった人しか来なさそう。
それと僕が部会というものをイメージできないのも問題だけど。
…とりあえずやってみようかな、どうなるかわかんないけど。
あと掃除。同じ日には無理かな~?

その後Oくん(ウォンド)と新歓ルーティンの話。
シンブルと半々か。難しいけど面白そうなので賛成しますよ。言われりゃ師匠やるし。
あと衣装は白のショートジャケット希望。ま、自分で納得のいくものをやってくれぃ。

五限後、Nさん(サンタさん)からいまどこメールが。
ん~飲みかなぁと思いながらも駅まで行く。
Nさん、Kさん(ボール)からなんとプレゼントをもらいました。カバーと小さいペン。
もう誕生日なんてほとんど意識してなかったけど嬉しい!ありがとうございます。
誕生日だねメールもいただきました。いや、感謝しております。

それにしても、この歳の人はもっと大人っぽいもんだと思ってたんだけどね。
こんなガキっぽいままでいいんだろうか?ダメだよなぁ…。
ちゃんとしたいね、もっと。

primary constraint
今日は自転車で学校に行く。
三越のところでの上からまとめて雪が目の前に落ちてきた。間一髪で止まる。セーフ!
ほとんど通り道に雪は残っていなかったのですが
西千葉駅近くのサンクスがある交差点のところだけ完全に凍ってた。さすがに自転車を降りる。

力学の最後の授業。来週のテストで終わり。
なにも身についてない気がする。前期の力学のほうがマシだった。
意外とテスト範囲は狭い。とはいえ追試はやらないと宣言していたので注意だが。

食堂で某先生がナイフとフォークで食べていたというカツカレーに挑戦。
噂通りカツが切れてない。しかたがないので箸で食べる。量のわりには高いぞ?
途中知らない番号から電話がかかってきた。
出てみるとアニ研の人。テスト期間中なら問題なかろうと和室を譲った。
Yくんからも電話が。渉内の引継ぎの日程を決めろだって。
あ~まだノート書いてないや。テスト後にしましょう。

ちらっとサ館による。荷物が片付いていないので狭い。
テスト終わるまでには片付けてもらいたいな~。休み入る前に掃除もせねばならん。

帰り際にKくん(ハト)に会う。
和室で練習してるらしい。何の?と聞くと明日の幼稚園へのショーのための練習とのこと。
人が集まらず大祭実行二人だけでやるんだって。うぅ、さすがに申し訳ない。ごめんなさい。
がんばってください、応援しております。
Kくんはいつもみたいにヘラヘラ笑っていたけれど。
なんか彼はいつも無理をしているように見えてしまうのですよ。
周りの人の印象にあわせているというか。うまく表現できないが。窮屈そうに見える。
もっとのびのびとしていて欲しいなァと思います。あ、仕事だけはちゃんとやってちょ。

家ではちょっとだけお勉強。あんまり進展なし。

本当の終焉
思ったより、難しい。うまくいかない。

少しだけ迷って歩きと電車で学校に行くことにした。
思ったよりは雪が残っていない。店の前などは完全に除雪されている。
かと思うと日陰になっているところでは雪が凍っていた。ぬれている氷はよく滑る。
中央公園では公園管理~のおじちゃん、おばちゃんがスコップを使って道をつくっていた。感謝。

普段は正門から構内に入るのだが、歩きなので南門から入る。
手袋を忘れた。手が冷える。
桜並木のところでふと上を見る。
雲ひとつない空。冷たく張りつめた空気のせいか透明感の増した青色。
葉の落ちた木もいい感じ。冬も悪くないな、と思う。
夏に夏の文句を言うよりは花火大会にでも行け、そう言ったのは彼の一族の末姫だったか。
冬も同じだ。寒い寒いというのは控えよう。冬のいいところを探そう。

二限は自然史。テストは再来週。
授業に出ている人には易しい問題らしい。授業に出て寝てる人には易しいのだろうか?
……目を覚ますとドレイク方程式の話だった。宇宙の中の文明の数を求める方程式。
先生がしきりに宇宙人が地球にきてるなんて嘘っぱちだ、と強調していた。
UFOはみんな見間違いだ、というのは同意しかねるがそれ以外は同意できる。
僕はオカルトは好きだけど、それを信じるかどうかは別問題。
UFOを信じてる人なんてのはカワイイもんだ。
幽霊なんかの自称霊能力者って連中は詐欺をやってるわけだから許せない。
そういうのを信じてる人は愚かだと思う。理科の授業は何のためにあるのか。

論理学は珍しく授業があった。何週間ぶりだろう?
とくに何も授業していないと思うのだがテストはやるらしい。再来週。
記号論理の話にはついていけず。読み方からしてわからない。

サ館から正門までの道を滑りそうになりながら帰る。
途中量子力学のレポートをだしてないことに気づいたがそのまま帰った。明日でいいや。

メタルギアはジ・エンドを倒すところまで進める。やっぱり面白い。
ジ・エンドを倒すことよりツチノコとオウムを捕まえるのが大変。
つぎは一気にフューリーまで進めたいところだ。

…テスト勉強したほうがよくないか?

親知らず子知らず
おきてすぐにバイト。
一時からってのは単に昼休憩のときに
人数が足りないだけなんだから八時半までいなくてもいいと思う。
昼の一時間だけでいいなら毎日でも行くからどうにかしていただきたい。

バイト先まで歩きで行く。自転車は転びそうなのでやめた。
昨日まで真っ白だった雪はもう散々人が歩いたのか泥だらけになっていた。
なんだか夢が覚めてしまったようで悲しい。

ぼけ~っと前レジ。
レジ横に置いてあったギネス記録の本をちょっとだけ見る。
「親知らずを抜いた人の最年少記録は9歳と339日」だって。そんな記録まで載ってた。
しばらくして、道を聞きに来た人がいた。本屋なのになぜか道を聞かれることが多い。
ジーンズメイトの入ってるビルらしいんだけどうまく説明できず。
普段意識せずにいるぶん道ってのは説明が難しい。地図を描くほどの道でもないし。
そこを右で、信号が見えたら…なんて説明したけどそれでたどり着けたんでしょうか?
その後は久しぶりの返品作業。
なんか棚に山積みになってるんですが…と思ったら
センター関係の参考書が一冊残らず返品にまわしてありました。
ついこないだまでは学参のトコがセンター専用のコーナーみたいになってたのに。
終わったとたんに全撤去。現金というかなんというか…。
あの返品された本たちはどういう運命をたどるのかね。
そのうち赤本もなくなって教科書ガイドにとってかわられるハズ。
諸行無常という言葉を思い出す。…ちょっと意味が違うかも?

凍った雪に足をとられそうになりながら帰宅。
明日は電車で学校に行くことになりそうだ。

STAR OCEAN
おきると窓の外が白かった。
久しぶりに雪が積もってるじゃないか!見てる分にはキレイでいいもんだね。

ヒーターの灯油を入れに庭に出る。
雪を踏みしめるときのキュッて感じが楽しい。キュッ、キュッ、キュッ…。
気がついたら庭中踏み荒らしてました。真っ白でキレイだったのに足跡だらけ。
それでもしばらくして外を見ると足跡が消えかけている。ずっと降ってたからなぁ。

夕刊に軌道エレベーターの話が載っていた。
記事では「宇宙エレベーター」になってたけど「軌道エレベーター」のほうが言葉の響きがいい。
夢物語かと思っていたけど技術的には可能なものらしい。
全世界の軍事費一年分程度の費用と、30年という時間があればできるとのこと。
費用が調達できていないので「30年後には完成します!」という話ではないのが残念。
SFの世界が実現する日はまだまだ先になりそうだ。
そういえば2003年4月7日にアトムは誕生しなかったっけ。
20世紀少年のなかで
「俺たちが空想した2000年て、こんなだったか………?」
「ものすごい未来都市になってるはずだったのにな」というセリフがあるのを思い出す。
夢見た未来にはまだ到達できていないようだ。
そんな夢のなかでも、宇宙関係はあまり重要視されていない気が。もっと宇宙に目を向けてくれ。
ヒトはまだ月までしか行っていない。もっと遠くへ、太陽系の外へ、そして…。
アメリカがまた月へ行こうとしているらしい。火星にしようよ~。
いつか人類が滅亡するまでに恒星間航行は実現されるのだろうか。心配である。
各国で別々に研究してるんじゃダメだ。ってことは世界平和が先に必要なのかな?

星々の大海へ旅立つ日はいつ来るのだろう?

アナゴ寿司
昼前に起きてずっとグダグダ。
ちょっとマンガ読んでちょっとゲームしてちょっと寝て。

で、目を覚ましたらすぐにバイト。
久しぶりに前レジでした。最近後ろばっかりだったからねぇ。
今日で最後になる先輩と教科書イヤだね~という話をしてました。
教科書はホントに面倒なのですよ。選択科目がどうとか理数科、商業科とかがあって。
しかも今四年の人たちはその前に皆やめてしまう。ベテランがまとめていなくなるという状況。
新しい人が入ってこないので人数的にもピンチ。大変ね~。
そんな話をしていると電話が。注文した本をキャンセルしたいらしい。
注文はキャンセル不可ですよ、とあらかじめ説明するのですがそんなの聞いてないとのこと。
社長自ら説明してましたが結局キャンセルになったそうで。
これで注文受けるときは必ずキャンセル不可の確認を取るように!ってしつこく言われるのですよ。
本を注文受けるだけなのいろいろ説明しなきゃいけない。
問題を起こさないために必要なのはわかりますが窮屈で寂しいと思います。

夜はテストに向けてお勉強でもするか、と思っていたのですがテレビを観てしまう。
時効警察を観てた。雰囲気はなかなか好き。
TRICK(Kの反転ができないのが残念だ)の影響を強く感じる。ノリが一緒。
でも事件自体の話はつまらん。TRICK2に近いね。
TRICKは大好だったんですがシリーズを重ねるごとにつまらなくなっちゃって。
第一話のビッグマザーが最高傑作。ミラクル三井が次点ってトコですな。

時効警察を観終わってからケータイに着信があったことに気づく。
Tさん(学外MC)からでした。例によって飲みの誘いかなと。時間が時間なので確認してませんが。
飲みに誘っていただくのはありがたいのですが時間は早いほうが…ねぇ。

とかいって飲みの話じゃなかったらどーしましょう?ごめんなさい、確認しませんで。

また会おう!
朝がつらかった。限界は近い。

一限から量子力学。出だしは最悪ね。
テストは再来週、範囲は調和振動子だって。章末をやっておけばよいらしい。
そろそろテストの時期だけど、いつ何のテストがあるのか把握していない。要チェック。

情報科学概論は来週がテスト。
テストはノート持ち込み可。
「こんなもの覚えてなくていいんです。理解してるかが問題だから」というお言葉に感動です。
そういえば授業前に知らないヒトからノートを貸してくれ、と頼まれました。
知らない人にそういうことを頼める人がいる、ということに感心してしまう。もちろん貸した。
僕は知らないに物を頼むなど無理です。会話だってイヤだってのに。

相変わらず荷物だらけのサ館に行くと師匠がいた。
リーダーシップなんとかは師匠、大師匠ともに行ってないそうで。
じゃあ僕も行かないでいいね、ということにしておこう。

電磁気学演習は今日が最後。教科書を写して終了。無益な…。

BくんからDVDの行方をしりませんかメールがきた。ちょっと驚く。
僕は彼がデッキがないのをいいことにあるだけ借りていったのかと思ってました。疑ってごめんよ。
便乗して学外のもないんだけど、と送る。返信なし。どこへ行ったのか。
それとカードが和室で新歓の練習を始めてた。最近シンブルさわってないな。

帰宅後久しぶりにメタルギア。目標はエクストリームでノーアラート。
大胆に立ち回れば意外と見つからない。足音に関しては気にする必要ないんじゃないか?
オセロットが強い。こいつがあのジジイになると思うと感慨深いものがある。
若いときのほうが変人くさいのは何故だ。何があったのか。

「俺のリロードはレボリューションだ!」

ネゴシエーター
眠たい一限後、修理に出したビデオデッキをヨドバシカメラまで取りに行くことにした。
自転車で運ぶのは大変だと知っているので歩いていくことにする。
正門を出て少ししたところで自転車に乗ったOくん(暇人)に声をかけられた。
後姿で僕だとわかったらしい。そんなにクセのある歩き方してるんでしょうか?姿勢は悪いけど。
千葉まで電車だよ~という話をすると定期を貸してくれた。ありがとです。260円の借りだ。

店内を一通り見てからデッキを取りに行く。
100円ショップで部室の鍵入れ箱用の鍵を探すも見つけられず終い。
シベリア超特急のDVDコンプリートBOXってのが二万くらいで売ってた。欲しくねぇ。
デッキはまたもやタダで直してもらえました。お店の人は直したトコの説明とかしてくれないのね…。
渡された伝票みたいなのによるとイジェクト不良でいくつかパーツを交換したみたい。
もし三ヶ月以内に同じ症状がでたらまたタダで直してくれるそうです。やったね!
馬鹿でかい紙袋に入れてもらった。重いな。

やっとデッキが帰ってきたのでCOLORSのDVD(学マ版)を観る。
Bくんのイントロが懐かしい。暗転中の緊張感が蘇る。
全体的に明るくてキレイでした。ダンケンも見える明るさ。学マのひとに感謝だね。
他の学外も観ようと思ったのですが見つからず。なぜ?
最近の春連、秋連もなくなってる。誰かが借りていったのか部屋のどこかに埋もれてるのか。

その後サークルの顧問の先生に挨拶に行く。工学部棟はドコに何があるのかわからんよ。
挨拶して連絡先書いてちょっと話をした。
酒には気をつけて、と何回か言われました。過去に何かあったんだろうか?

四限は熱力学。物理化学Bと同じことなのにわかりやすくて嬉しい限りだ。

四限後は五時から和室調整会議があるので帰れない。
ドアに通知がなかったのでMくん(次期渉内)に言われるまで知らなかったよ。
会議は他のサークルも世代交代の時期らしく知らない顔ばっかり。
ほとんど午後を取れませんでした。午前と夜ばっかり。全部に終日、と書いたのが悪いんですが。
時間を書かれると「終日」は弱い。そこは譲らざるをえなくなる。
さらに言うとうちのサークルは決まった用事があるわけではないのでそこは弱め。
もう一年近くたつのに戦術がなっとらん。何か考えて次の世代に実践させよう。
某団体に「マジックは終日ばかりだからどうにかしてください」と言われて
「どうにかするってのは具体的にはなんですか?」とキレそうになりながら言ってしまった。
渉内やってるとさらに心が乾いていくのがわかる。乾燥してひび割れて。
僕らからは二人だけど歴代の渉内は一人。よくぞ一人で、と思う。まさに英雄たちだ。

もっとも、英雄という名の生贄だったんじゃないかという説もあるトカないトカ。

空白
昼過ぎからの授業なので午前は寝て過ごす。
体がだるい。こういう日は寝ているとさらに気持ちが鬱々と落ち込んでいってしまう。

力学はあいかわらずついていけず。
証明などでこんなことをやってどうするんだと思う反面
こんなこともわからなくてどうするんだ、とも思う。
こういうわけのわからない授業は精神へのダメージが大きい。追い詰められていく。
何のためにここにいるのかわからなくなる。僕はこんなところで何をしてるんだ?
ノートを見ても教科書を見てもよくわからない。焦る。
とりあえず配られた演習問題からやることにするか。

帰宅後はバイトへ。
臨機応変な対応というものがいまだにできない。知らない本の場所を聞かれるとパニックになる。
電話で「青いバックに犬の絵が表紙の本を探してほしい」なんてお客さんがいた。
なんて曖昧な!と思いながら探す。「白い犬とワルツを」かと思ったが違った。
結局「忘れ雪」って本らしいとわかる。見つかってホッとした。

一日が終わる。何も残るもののない虚しい日だった。
明日はいい日になることを願う。

奇跡とトラウマ
完全に受け入れられるようになるのにはどれだけの時間がいるのだろう?

今日の朝はそんなに寒くなかった。いいことだ。
昔寒い中を自転車で走るのが好きって人がいたけど僕にはその感覚よくわかりません。

二限を寝て過ごした後サ館へ。朝より昼のほうが寒いのはなぜかな?
レギュラーメンバーのOくん(一年)、珍しいOくん(学外ブタ監督)と
03、04学外リハのビデオをビデオカメラを使って観る。
03は例によってGさんを見たのですが、本番とぜんぜん違ってびっくり!
一本遊びで焦ってない!落ち着いてる、というかゆっくりだ!
それとデカシンカラチェンの曲ピタは本番だけの奇跡だったのでしょうか?やってませんでしたが。
04は2リハの和妻。僕にとっては一種のトラウマです。
大扇子は倒さなかったんですけどね…火が火が。
演者は誰も気がつかずに照明が落ちて大騒ぎになる様子は見ていてツラい。
リハ二回とも通せずにもう頭の中がぐちゃぐちゃだったのを思い出す。…1リハごめんなさい。
本番はしっかり通せたものの、失敗していたら…と考えると今でも怖い。
Gさんの本番に対する強さに助けられてたんだなと思う。

論理学は自然休講。あらかじめ黒板にでも書いといてください。

量子力学演習は苦労しながらも一応最後まで解く。間違ってたらしいですが。
この演習はドラクエばりにバランスがいい。理解ギリギリの難易度で時間ギリギリに終わる。
ただしテストはヒントや誘導がないので凶悪。中間は痛い目をみましたよ…。
それでもこの先生が授業もやってはくれないかと思います。先生を選べるシステムがほしい。

リッパー
一日かけて「神狩り2」を読み終えた。
結末は前作以上に微妙。ただ前作より派手になった。
キーワードである“クオリア”が理解できなかったので後半の議論についていけず。
それでも作中の“神”や心と脳と現実の関係に関する議論は面白かった。
とくに言語と認識、思考の関係は興味深い。作中では古代文字から”神”に近づこうとしているし。

そういえば前々から“言葉のない状態で思考というものは成立するのか”が気になっている。
ヒトは何かを考えるとき頭の中で声に出して考える。
仮に音がなく、文字しか存在しない場合は文字を思い浮かべて思考するのだろうか。
文字だけの言語体系があればそうなるのかね?
言語は秩序のブロックようなもの。感情のように不定なものではない。
思考というのはブロックを積んで論理の塔をつくりだすこと。ではブロックがないとどうなるか。
段階を越えて一気に理解するのか。ひらめく、なんてのはコレに近いかもしれない。
はっきりした動物の言語というものは知られていないが彼らの思考はどんなものなのだろう。

月は無慈悲な夜の女王
昼前におきてすぐバイト。一時からは長い。
ま、あいかわらず暇なわけです。雨が降ってる日は人は入ってきてもあんまり売れない。
そんな中で新聞の切れ端(広告)を持ってきて「この三冊」とだけ言ってきたお客さんがいました。
“この三冊が何よ。どしたの?”と聞きたいのをこらえて
「この三冊をお探しですか?少々お待ちください」とこちらから言う。
バイトを始めてから意外と大人でもなってないやつはいるんだな、と思うようになりました。
尊大な態度をとる、雑誌を読み散らかしていく、カバーをかけるか聞いても口で返事しないなど。
レジの人は機械ではないのですよ。
カバーをかけるか聞くと「はい」で十分なのに「お願いします」とまで言ってくれる人や
会計後に「どうもありがとう」なんて言ってから帰っていく人もいるのです。
一言だけど、大きな差。
ソウイウ人ニ ワタシハナリタイ。

夜うとうとしていると電話が。…行きますよ、行きますともさ。
雨が降っているので電車で西千葉へ。
別に同じ飲み物だけを頼んでもいいではありませんか。ホントはコーラも頼みたかったんですが。
新歓は策を練らないといけないようです。なりふり構ってはいられない、か…。

久しぶりに歩いて千葉まで歩いて帰る。
雨はすでにやんでいた。寒くはない。
空を見上げると、わずかばかりの星が瞬いている。
しかし流れるような雲に覆われてあっという間に消されてしまう。あっけないほどに。
雲の中でもなお白く輝く月が消えた星を嘲笑っている気がして気に入らなかった。

世界ウフフン滞在記
妙な夢を見て目を覚ます。過去と現在がごっちゃになった夢。
どうにもならないのはわかってるさ。

一限の電磁気はホントにいい授業だ。
例題を多くやってくれるのがいい。問題を解きながらのほうが理解しやすいことは多いから。
とはいえ僕にはいまだ電磁気というものがいまいちピンと来ない。
一貫性が感じられないのが大きな原因だ。熱力学のようにはいかない。
数学的にも積分が面倒である。勉強しないとね~。

空きコマにサ館に行くとサークル総会の告知が貼ってあった。
そのときまでに新歓時期に配るパンフ用のPR文を考えておけ、とも書いてある。
PR表に人数と共に男女比を書くところがあって暗い気持ちになる。書いちゃ逆効果だろ。

心理学はやはり寝てしまう。とんでもない授業をとってしまったようだ。

授業後サークル顧問の先生に会いに行こうと考えていたのだが授業があるのでいないらしい。
サ館では見られないからWORLD“s”のDVDでも借りていくか、とサ館へ。
探している途中であのDVDはファイナライズしてない=家では見られないことに気づく。無念…。
次の資編にはファイナライズをしっかりしてもらおう。
そこへMさんが来たのでMDを貰う。ありがとうございます。
でも家のMDデッキは修理に出しているのでしばらく聴けないのですよ。タイミングの悪さを嘆く。
帰りにバイト先によって日程のチェック。
よりによってサークル総会の日に入ってる。ツイてない。どうにかせんと。

「神狩り2」の続きを読む。
前作は「私は神を憎悪する」ってセリフが大好きだった。
なんか文章が読みにくくなった気がする。最近しっかりした本を読んでないだけかな?
あとハイデガーの思想はよくわかんないです。難しくもなった。
読むのに時間がかかりそうだ。

黙示録高速道路
あの授業で量子力学はどうしろと?
自分で勉強しなさい、というKさんのメッセージが込められているのか。

二限の情報科学は情報通信の話。
効率よいコード化と暗号の話でポーの「黄金虫」とコナン・ドイルの「踊る人形」の話が出てきた。
「踊る人形」は昔読んだな。eから解くのも覚えてる。
当時はよくできてるなぁと思ったんだが、ポーのと同じアイディアなのね。ちょっとショックだ。

三、四限は空きなので図書館に本を返しにいく。
結局安部公房は読めなかった。教科書も使ってないな。
借りようと思っていた小島監督オススメの「シャングリ・ラ」は貸し出し中。
一時間ほどうろちょろして「神狩り2」と教科書を借りて一度帰宅。
持って行くのを忘れたレポートを持って再登校。

電磁気演習はやらなくていいです。もうイヤ。
問題が理不尽すぎ。授業でそこまでいってないです。
こんなのでも出席して適当な答案を出してれば(たぶん)単位がくるからね。意味のない単位。
授業によって単位の重みが違いすぎる。大学ってこんなもんなんだ、と悲しくなる
昨日Oくんが「大学には単位を取りに来てるんだ」と言っていたのを思い出す。
こういうのは最後のアンケートに書いたりすれば変わるんだろうか?
どうにもならないことにイラつきながら帰る。

風呂上り、ケータイに着信があったことを示すランプが着いてた。
なんとなく用件はわかったのですが電話してみると飲みのお誘いでした。
ん~あと二時間早ければな。
前回にひきつづきタイミングが悪いこと。行きたいことは行きたいのですが…ごめんなさい。
なぜこうも行きたいときに限って微妙なタイミングなのか。日頃の行いが悪いのかな?

「神狩り2」を読むも眠くなってしまったので寝る。

熱力学の日
今日は熱力学の授業しかない。
一限は物理化学B(内容は熱力学みたいなの)。
授業をちょろっとやった後、中間テストの返却と解説。
ギリギリ半分取れてた。とはいえ蒸発熱と融解熱を逆にしたために-20点は大きな痛手。
あと単位を間違えて減点される。
間違えるというか計算の途中で書いてないのとモルで割ってないのが減点されてた。
化学と物理の大きな違いやね。物理でも次元のチェックはするけど、計算途中に単位は書かない。
期末は汚くなるの覚悟でちゃんと書くか。

空き時間はサ館で同じく暇人のOくん(一年)と話す。
春連は出たほうがいいと思いますよ。あと出なくても見には行きましょう。
あとケータイの使い方がわからんことをさんざんバカにされる。
カレンダーなんてなぁ、メニューから出せばいいんだい!
彼は僕のことを先輩と思ってないんじゃなかろうか?ってぐらいバカにされた。
いつか何らかのかたちで仕返ししてやるしかないなこれは。

四限は専門基礎の熱力学。
専門のなかではマトモな授業なんだけど少しだけ寝てしまった。すいません。
こっちも終わり際に中間の返却。
具体的な数字だらけだった物理化学Bと違い、文字式しか登場しない答案が返ってくる。
まあまあの点数。熱力学は高校の物理っぽくてやりやすいと思う。結構好き。
エネルギー保存と仕事の原理からほとんど話がわかるような気が。
サイクルの仮定なんかは自力では無理でしたが。ノート持込可で助かった。
五限は続けて熱力学演習。教科書見ればあとは簡単な計算だけだから楽。

帰り道、いつもと違う陸橋側から帰る途中の自販機にキットカットがあった。
はじめチョコレート味の飲み物(ココアみたいな)かと思ったが
よくよく見るとチョコレートが円柱状の容器に入っているものらしい。
ミニサイズが六個入りで190円。コレを自販機で買う人がいるとは思えない。
なくならないうちに一回買ってみようかね?

そういえば。少し調子に乗りすぎました、ごめんなさい。もうしません、次があるのなら。

時速70キロで後ろに…
昼過ぎからの授業は行くのが面倒くさい。
三限の力学はあいかわらず…な内容だった。
ラグランジュの未定乗数法自体は前にもやったんですがねぇ。
細かい理論はよくわからない。シグマ記号がいくつも出てくると混乱する。
わかりやすい例だけやってくれればいいのに。
あと声が小さいのになぜマイクを使ってくれんのでしょうか。
中間は正準変換の母関数というものがまったく理解できていないのでイタイ点だった。
期末テスト後に追試はやらないらしいので母関数だけでもやっといたほうがよいのだろうなぁ。

ひさしぶりに食堂で遅い昼食をとって帰宅。バイトだしね。
バイトに行く途中、道に設置してあるスピーカーからHIGHWAY STARが流れていて嬉しくなる。

HIGHWAY STARはDEEP PURPLEの中では二番目に好きな曲。
ライヴ版のほうが速くて好きだけど、ギターパートはスタジオ版のほうが良い。
ピロピロいってるキーボード(オルガンらしいが)もカッコイイね。BURNほどじゃないけど。

今日聞いたにのは残念ながらアレンジされたやつだった。ま、普通のが流れるわけないか。
店内の有線でもこういう曲を流してくれないだろうか。
正月暇なときにメタルのチャンネルに変えたのだけど
これはヤバイ!ということですぐに元に戻したんだそうな。
その場に居合わせなかったのが残念だ…。

バイト自体は雑誌の伝票チェックも早々に終わってしまったのでずっとメモ紙切り。
終わり際にマットを片付けに外に出たとき、久しぶりに息が白いのを意識した。
自転車に乗ってるときは白くてもすぐ後ろに流れてしまうから気にしないんだな、きっと。
そういえば今日は比較的暖かい(というか寒くない)日だった気がする。毎日こうだと助かるんだけど。

夏への扉が見つからないかな?

成長の儀式
おきられた、というかおこされた。
おきてしまったからには行かないわけにもいかんのよ。

会場はポートアリーナ。自転車止める場所が小さいので歩き。
着くと即帰りたくなるほどの人だかり。
人がたくさんいる場所はキライだし寒いのですぐに中に入るも、人だらけでげんなり。
「~区」って区分けになってはいるものの、人数の多さのせいで知り合いを探すのが大変。
なんとか見つけて適当に座る。

式自体は「???」ってカンジ。
やることに意味がある、という気すらしないんですが。議員の代理とか言われても知らんよ。
そういえば誰かが話をするときに必ず司会の隣で手話をやっているのが印象的だった。
センターの画面にその人を映してあげればいいのに。
最後に教職員合唱団の大地讃頌を聴いて(本当は合唱なんだけど)一部完。

一部が終わった時点で外に出てひさしぶりに会う連中と盛り上がる。
いやー皆さん元気なようでなによりです。
軟テニのペアがSさん(VOLCANO・シンブル)に似てて笑う。本人に通じないのが残念。
特に仲がよかったわけでもない人と自然に盛り上がる反面、
昔は仲良かった(と思ってる)人と素っ気無い会話しかできなかったりする不思議な時間。
会いたかった人に会えなかったりもしたけど楽しい時間だった。

でも。
当然のことなんだけど、皆が昔と変わっていることにショックを受ける。
ん~ショックというとちょっと違うか。
皆が変わっていく中で僕は変わってない。変われてない。
どんどん置いていかれる感覚。妙な焦りが生まれる。

懐かしい顔を見た嬉しさよりも、おいてきぼりにされたような寂しさが少しだけ強い気がした。

鳩啼時計
今日もおきたら昼前だった。本気で直そうとしないと学校ペースには直らなそうだ。

ふと気まぐれで鳩鳴き時計の鳩が鳴くスイッチを入れてみる。
…時計が動かなくなった?
電池が切れたらしいので交換。チクチクいうような音がするので動くようにはなったらしい。
が、三時になっても鳩が出てこない。
五分後、鳩が出てきて一回だけ鳴いた。一回だけ。しかも閉まらない。
中をみてみるも原因不明。鳩が鳴き方を忘れたんだろう、という結論にいたる。
この鳩は昔テレビを観てるときにポッポポッポうるさくてスイッチを切ったのではなかったか。
小学生のときの話だから、かれこれ八年以上は鳴いてないわけだ。そりゃ鳴き方も忘れるよな。
なんだか鳩に悪いことをしたのかな、という気がしてくる。
その後時間がたつごとにマトモに鳴くようになってきた。
早く昔のように鳴いてくれるといいな、と思う。

五時からはバイト。
プレゼント用の包装をしてほしい、というお客さんがいて包装に初挑戦。

こう折って、テープで止めてから折り返して…あれ?えーと、えーと…

グシャグシャになってしまいあえなく断念。結局女性の先輩に頼んでやってもらった。
ごめんなさい、ありがとうございました。
全体的に男の人は包装ができないらしいんですが、精進します。

バイト後サ館まで靴を取りに行く。明日の成人式で必要だからね。
風が冷たい。手袋してくればよかった。
というか総会の日に持って帰ってくればよかったんだな。完全に忘れてた。

無事靴は持って帰ってきた。で、明日はちゃんとおきられるのかな?

兆し
もう義理はないと思ってる、とまで言われては…。どうするのが正しいのかわからない。

朝九時前におきられたのだが結局二度寝してしまった。
睡眠時間はそこまで短いわけでもないんだが。

例によって何もない日。
夕方のテレビで「世界で一番丸いものは?」というのをやっていた。
タレントが予想した答えがビリヤードの玉やピンポン玉だったのに対し
パッと僕の頭に浮かんだのは「コスタリカの大石球」でした。趣味がわかるね。
コレはコスタリカの原住民がつくったとされる石の球で
真球率が異様に高いというシロモノ。オーパーツとしてよく紹介されてるのですよ。
番組中では番外として紹介されてました。真球率はモノが大きすぎて測定不能らしい。
ちなみに「世界で一番丸いもの」はハードディスクに使われてるベアリングだそうで。
真球率99.999%だって。まさに限りなく丸いってやつですな。
ちなみに二位はビリヤードの玉、三位がピンポン玉だったかな?名人の泥団子てのもありました。
ほかにも
「世界で一番長生きなものは?」とか(マツの仲間の木で4000年級)
「キャベツの花ってどんなの?」など(菜の花みたいな黄色い花だった)
面白い番組でした。

夜は西遊記、というか三蔵法師の特集を観る。そういや最遊記は最近買ってないな。
西遊記はちゃんとしたのを読んだことがないのでなんとも。昔、青い鳥文庫で読んだっけ。
実在した三蔵法師は17年かけて天竺まで行って経文を中国に持ち帰ったという偉い人。
楽しんでいたのか、使命感に追われて苦痛の旅だったのか。
偉業を成し遂げた人は何を考えながらそれをやったのでしょうかね。

雪と現実の相似関係
今日の一限は電磁気。唯一マトモといっていい授業です。
やっぱりO先生はすばらしい。わかりやすく説明しようとしてくれてるのがよくわかる。
惜しむべきはこの授業が一限であるということ。睡魔が…。
今日は起きてましたが。必修を一限はやめてくれ。
あと大学の授業90分は長いと思う。せめて60分にしてほしいな、と。

三限の心理学は寝て過ごす。部屋暗くしてスライドってのは寝ろって合図ですよね?
また内容がうさんくせぇんだ。性格分析とかいって占いと同じじゃないの?
よく知らんのにいうのもなんですが。あんまり好きくない。

三限後はYくんと合宿所のお掃除。
もはや「片付け、整理整頓」ではなく、そこにあるものを捨てていくだけ。
さくさく捨ててく。きりきり捨ててく。
絨毯が冷えきっていて足が痛い。スリッパになるもの持って来ればよかった。
重要アイテムと思われるパイプ、シルク、プレゼント(持って帰れ!)などは回収。野球盤も。
うちらのものかわからない暗幕やバッグはさすがに放置。
一時間弱で終了。これならかざぐるまから苦情は来ないだろう。HAHAHA!
まだハト?の助手台やら赤燕尾やらが残ってるけどホントに隅っこだから問題なかろう。
ケージも放置してあった。粗末に扱って壊れたところで学外会計は知りません。自腹でどーぞ。
これで合宿所に掃除に来ることはないだろう。…木材が入り口に残ってるけど。
来年以降、この惨劇は繰り返さないのです。絶対に。

そして総会。
部長に承認されました。わーい、不安。でもやるさ。
新三役は無事承認されるものの、新二年の横割りでもめる。
ブタ監、買い物係、特企について。自分のことは自分で説明しましょう。
ちょこちょこっと配置換えをしてなんとか承認される。
若干不安は残れど、誰々は信用できないとか言い始めると終わらないのですよ。
でも人数いないから厳しいね。パンクする前に新三年がサポート入らないと誰か潰されるぞ。
それと渉内の二人には頑張っていただきたい。しっかり後を継いでおくれ。

学外会計はあっさり承認。払い戻しは残っているけど、めでたしめでたし。

故障している機器に関しては新しいものを購入することに。
いままでうやむやになっていたので「新歓までに」って期限が守られることを祈ります。

しかしあれだ。僕には人をまとめるってことができんね。
頭ではわかっていたけどこう現実を突きつけられるとさすがにイタイ。
どうにかなるんでしょうか?してみせる…ことができるかな?

総会後の飲みはすぐに眠くなってグズグズしておりました。申し訳ない。

店を出ると雪が降っている。おぉ久しぶりだ。
すぐにやんでしまうかと思いきや、帰り道で強くなりはじめる。
パッと見ではふわふわとやわらかそうなのに
顔に当たる雪は冷たくて硬い氷の結晶なわけで。
それはどうにかなりそうに見えて、結局どうにもならない「現実」のようなもの。

明日の朝には積もっているだろうか?

デッキと演技と会計と
ひさびさの学校で気分が重い。
二限の情報科学概論は寒くて授業どころではありませんでした。
鍵を持ってこなかったって、ヒドイと思うのですが。

外に出ると日が出てないので寒い寒い。
灼熱と輝く息では輝く息のほうが強いってのに納得するよ、この寒さでは。
「暑いのと寒いのとどっちがマシか」ってのはこの時期よくある雑談のネタですが
僕は暑いほうが断然マシ。寒いと動けなくなるもんね。
暑いと動きたくなくなるのですが、まぁ動けることは動けるから。

サ館でビデオを観ようとして本体が故障中だったことを思い出す。
払い戻しあるけど五限後だから一度帰ろうと思っていたのでついでに修理に持っていこう。
そう思ったのですがあいにくデッキが入るだけの紙袋がなくて断念。ユザワヤのは意外と小さいね。

五限後になって再登校、ハトの払い戻し。
これで一般の払い戻しは終了(のハズ)。あとはまとめるだけだ!…明日までに。明日かよ。
帰りは家から持ってきた紙袋でデッキをヨドバシヘもって行くことに。
ところが問題発生。紙袋には入るんだけど、自転車のかごにはデッキが入らない。
しばらくかごを曲げたりしていたのですが、どうやら無理なようで。まさしく想定外。
諦めるのも癪なのでかごに1/4ほどつっこみ、手で押さえながら行くことにしました。
途中段差でガッタンとしたときに「パキッ」と音がした気がするけど無視。
もしデッキに外傷があったら僕のせいです。ごめんなさい。
ヨドバシでは保証書はないかと聞かれる。どこいったのかね保証書。今度掃除するときに探すか。

帰宅後サ館から借りてきた01法政のビデオを観る。
これのシンブルはGさんオススメの演技。デカシンのカラチェンは参考になるとのこと。
…う~ん。
カラチェンは確かに良い…のですが、いかんせん全体の雰囲気というかノリが好きじゃない。
ネタは面白いのに雰囲気とあってないから面白く見えない。
ネタとしては千葉とほとんど一緒。最後の親指はよくわからんのですが。
デカシンは大きいから見やすいけどスピード感にかけるんだよなぁ。そこが問題。
とはいえこの演技と逆に雰囲気に合わせればいままでの技でも良く見えるようになるわけだ。
そういう細かい動きの研究は重要ですね。何をするかよりも見せ方が大事。

その後学外会計の総まとめ。
金額のまとめは時折していても、実行の中で何がいくらで~ってことはわからない。
演者分はほとんど助手台代だから楽。思ってたよりは楽な作業でした。
とりあえず明日の報告用にまとめて作業終了。
まだ残ってる仕事もあるってのが憂鬱ですが、明日が終われば一段落かな?

何もない何もしない
ホントに何にもしない日でした。
ちょろっと量子力学やっただけ。
明日から学校と思うと憂鬱で…ってのは学生として間違ってるかね?

夕方のテレビでなぎら健壱がでてた。うれしかった。

古畑を観てると電話が。飲みの誘いでした。
ん~もう風呂入ったしこの時間からはさすがにねぇ。
珍しい面子で飲んでるらしく、電話の相手がころころ変わる。
そりゃ僕もそうしたいのは山々ですが、と言いそうになり思いとどまる。微妙な判断だけど。
結局断って古畑を最後まで観て寝ることにした。
古畑ってそんなに面白い?テレビ版観てないのでよくわかんないんだけど。
久しぶりに十二時前(というか十一時前)に寝ることができた。

San Sebastian
But now my skies are turning gray…

今日は正月だってのに朝からバイト。小さい店なんだから正月ぐらい休もうよ。ね?
案の定やることがないので暇~。
やることないんだからバイト五人も呼ばなくていいと思います。
レジを交代で入りながら雑誌整理とストックチェックで暇つぶし。
結局最後の一時間は店内を徘徊して終わりました。
一応六時で閉店ってのが救いだね。

帰宅後Blank Fileらしき着メロのお客さんがいたのを思い出し、『SILENCE』を聴く。
SONATA ARCTICAは音が透明でいいね。北欧っぽいというか。
『SILENCE』のなかではSan Sebastianが一番カッコイイ。演技で使えるかと本気で考えた。
最初聴いたときはサビがわからなかったけど今では大好きになってしまった。
震える氷みたいなイントロが綺麗。歌詞がまたうまいんだよね、切なくて。
WeballegyとWolf & Ravenは評判はいいんだけど好きじゃない。そんなにいい曲か?
Black Sheepは好きなんですが。アルバムの中で二曲しか聴いてない。
『ECLIPTICA』のほうがいいアルバムだと思います。
曲もFullmoon、Blank File、Unopened、Kingdom For A Heartなど名曲揃い。
ベスト盤かどっちか買いたいところ。借りてもいいけど。

That the sun of San Sebastian is way too hot for me…

赤い炎に憧れて
今日はゲームしかしてない。ちょっとマンガ読んでたか。
藤子・F・不二雄のSF短編集は良いね。Sukosi FusigiでSF。
失礼ながら思ってたよりSFでした。Scienceのほうね。もっとファンタジーよりだと思ってました。
未来のカメラの話なんだけど
任意の場所で乱反射した光を選択、補正増幅して画像を結ぶ四海鏡ってのとか
フィルムの銀粒子に記録された撮影時の音を再生するだとか(触れて生体電流で再生)。
科学は関係ないけど「カロリー保険」なんてのも非常に好きです。実にSF的。
SF短編はアイディア勝負。数多く描けるのは才能がある証拠ですな。

ひぐらしはクリア、というか読了。まぎれもなく「解」でした。
それにしても我らが主人公である圭一くんはホントにカッコイイね。
仲間思いで頼りになって全てに一生懸命で。
「運命は変えられる」なんてことを何の迷いもなく言い切れるやつはそうはいないさ。
それは現実にはありえないこと。自分でどうにかできることなんてほとんどない。
だからこそ、自分たちの力で運命を変えていくフィクションのヒーローに憧れます。
それにしてもひぐらしのキャラクターには不思議なくらい感情移入できるなぁ、と。
もはや物語中の「役割」としてしかキャラクターを見られなくなりつつある中で、彼らは異端。
というか、“僕はまだ感情移入ということができるのか”ということに自分で驚いた。
あからさまなものは嫌いなんだけどねぇ…何故?
祭囃しではハッピーでなくとも彼らの行動の意味がみえるような結末を望みます。

ついでといってはなんだがキングダムハーツ2もクリア。
ラスボスが相変わらず長い。面倒くさい。強くはないくせに。
同じワールド二回はくどいかな。ワールドによるが。原作の流れをくんでるのはよかったのでは。
シナリオは完結したっぽいので安心。よくわかんなかったし、続けそうな終わり方だったけどさ。
なんだかんだで面白かったです。完成度はとっても高い。
やっぱりバトルが面白いかどうかが最重要。良作。
関係ないけど、ナイトメアビフォアクリスマスの市長のデザインがとても好き。今度映画を観よう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。