プロフィール

Nobody

Author:Nobody
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

不思議の国の日記
"I see nobody on the road." 彼女には彼が見えるのです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択への準備
昨日は昼寝をしていたせいで眠れたのが四時過ぎ。
眠いが成績を確認するためにも少し早めに学校へ。

量力演習と素粒子の成績が貼りだされているはずだ。
心配していた量力演習は平均点だけでもセーフだったが、平均の隣に「試行」という欄があって
平均点プラス十点ちょいの点が書いてある。これが成績になるらしい。
点が足りない人はレポート提出しろとのことだが〆切が明日。鬼か。
隣には二年生の授業「力学Ⅱ」の成績も貼ってある。去年苦労したヤツだ。
去年も落とす人はそこそこいたが、今年は不合格の文字で真っ赤になっていた。
必修ではないから、といってしまえばそれまでだが凄惨な光景だ。
素粒子は掲示されていない。まだってことか。

原子核の最後の授業はビデオ鑑賞。
元素合成に関するもので、文科省の映像コンクールで賞をとったものらしい。
原子の構成から始まって星の中で重い元素まで合成されていく流れが
わかりやすく説明されていて面白かった。ビデオはすぐ寝てしまうんだがな。
映像っていいよね。言葉や数式ではわかりにくいこともビシーっと理解できる。
電子や核子が粒で表されていることに微かな違和感を感じる。こんなじゃないやい。
三十分くらいで終わって、アンケート書いて解散。
この授業はお話こそ面白かったんだが詳しい中身は難しかった。

宇宙はいよいよテスト。
流体、電磁気などの問題から四つ選択して解答しろというものだった。
初めの流体の問題は式の証明に時間がかかるのがわかっていたのでパス。
各問題の難易度は低めだったので助かった。たぶん、大丈夫。
でも「宇宙」って感じはしなかった。まぁ今は無理なんだろうなぁ。

その後は研究室関係のガイダンス。といっても日程の話くらいだったが。
研究室選びなんてまだ時間はある、と思っていたがもうすぐそこまで来ていた。
やりたいこともはっきりしないのに選びようがないんだけどな。
ある程度は今後の大きな方向性を決めるものになるらしい。あと二週間、考えよう。

図書館に寄って山本弘「アイの物語」を借りる。
その後ヴィレッジ・ヴァンガードで五十嵐大介「リトル・フォレスト」を探すがなかった。
この間はあったのになー。「はなしっぱなし」はもう持ってるんだよ。

「グレート・ギャツビー」を読むが寝てしまった。

スポンサーサイト
復習のみ……
七時半から一時間おきに目が覚めて、ちゃんと起き上がったのは十二時半。
今日は木曜日程=全休なのでお家で宇宙の最後の復習。
再び流体から初めてずーっとやっていく。さすがに基本式くらいは覚えた。
ちょっと飛ばしていた超音速への滑らかな接続もやる。よくわからんが。
電磁気の磁場中の振る舞いは難しいのでパス。遅延ポテンシャルもパス。
テストに出たときにどうにかなりそうなところだけ最後までやった。
ここまで来たらどうにもならないので早く済ませてしまいたい。

演習ラスト(?)
最後の量力演習はベリーフェイズなるものの問題。
教科書の索引をみるが載ってない。初めの問題は意味はわからないが自力でも解けたが
それだけであとは手が出ない。そのまま時間だけが過ぎて終了。
せっかく出した答えも計算が間違ってたところがあってショックだった。
平均四十五点くらいなら下駄を履かせてもらえるらしいのだがどうか。
明日には掲示するらしい。届かない人は何か指示があるとのこと。
この演習は前半こそ授業と進行度があっていてよかったが
後半はちょっと暴走しすぎ。チーティングが流行ってるのもねぇ。

素粒子は今までの点数を聞けるかと思っていたがまだ集計中らしい。
こちらも明日には掲示。出したい人には大レポートがあって点数があがる。
今までの小テストと小レポートですでに百九十点分はあるらしい。
なんだかメチャクチャな点のつけかただが、他のも似たようなもんか。
講義内容は落ちてしまったのでよくわからない。結合エネルギーの話のようだった。

図書館にて宇宙の資料探し。
プラズマの本などにサハの式自体は載っているがそれ以上の具体的な計算などが
載っている本はついに見つけられずじまい。無駄足だったか。
T氏が(祝レポ発見)原子核のレポートに詰まっているようだったので
ちょっとだけ見てから帰る。そこまで難しくはないぞ。
rのベクトルをz軸にすればkベクトルとの内積が楽に書けて積分しやすいなんてのは
前期まででは意味不明な過程だったはずなのだが今ではわかる。
時間だけがどうにかできるものもあるのだろう。多粒子やら電磁場やらも
来年の今頃にはなんとなくでいいので理解していたいところ。

本もないのでゴリ押しで宇宙のレポを終わらせる。
グラフの作成には手間取ったうえに変な形だが正解がわからないのでどうしようもない。
ここは素直に出すとしよう。ルンゲクッタ?知るか。

世界の分岐
十時半ごろにおきる。午後から宇宙。
黒体放射はまぁいい。いよいよ遅延ポテンシャルに挑戦。
一般座標のLTはゆっくりやって理解できた。今書けといわれても書けないが。
それに静電ポテンシャルとベクトルポテンシャルをつっこむと……わからなくなった。
内積はすぐにかたちがわかるんだが外積ってよくわからんよ。
ということで結局スルー。その後の方程式の見直しだけした。

「園丁」が載っているSFマガジンをひっぱりだしてきてイーガンの「ひとりっ子」を読む。
先月くらいに文庫化されたやつの表題作。イーガンのを読むのは初めて。
最初の二、三行の回りくどさにげんなりする。海外センスはわからん。
別に全部が全部ってわけじゃないんだろうけど。日本語に訳すのに向いてないだけかもしれん。
その後は遠慮なく聞いたことのない言葉が出てくるのとナナメ読み。
要は多世界解釈を認めるとそれぞれの世界は決定論的になってしまって
完全には確定でないような(ここが曖昧)AIを載せた“娘”を育てる、という話だと読んだ。
本当にそういう話かはわからない。難しいんだもんよ。
なんどやっても環境が同じなら同じコースをたどる仮想ネズミの話はなんとなく理解。
多世界解釈って観測のたびに分岐するんじゃなかったのか。いろいろあるのかな?
もっとわかりやすく書くこともできるだろうにと思った。読めん。

電離式
今日は畳を替えるために業者が来るらしい。
お前の部屋に畳の部屋の荷物を置くから早くおきろと言われていたので
頑張って九時半におきたがすでに作業は終わっていた。八時半過ぎには来たらしい。早いねぇ。

早起きの反動で午前中は寝て過ごす。
昨日の夜は早めに寝たはずなのだが体のリズムが狂っているので意味がなかったようだ。
午後からは宇宙の続き。
レポート問題にサハの電離式というのを使う問題があるのだが何をどうすればいいかわからない。
そもそもサハの式の意味がわからないし。統計的重みって何さ?
ということでまた流体の初めから順に解くことにした。半分覚えていて半分忘れてる。
前回よりは順調なペースで解く。今回は遅延ポテンシャルのところもやるか。

夜はトリビアの泉(種ばっかりだったけど)を観ていて眠くなってしまったのでさっさと寝る。

5%のこちら側
テストはないらしいが念のために演習書、解答を持って統計に臨む。
で、前情報どうりにテストはなかった。再来週らしい。なぜそんなに遅くするんだ。
内職で(っていう言い方は今でもするのかしらん)宇宙の問題をやるつもりだったが
眠気に勝てず落ちる。あれだな、来なくてよかったな。

学生課に部屋割りの結果を聞きに行く。……六時からのサークル総会で発表するとのこと。
しばらく空き教室で宇宙。光学実験のレポート未提出者のなかにT氏の名前があった。大丈夫か?
量力、統計の過去問が回ってきたのでコピーさせてもらう。タダコピは並んでいたので普通ので。

いったん帰宅。部屋なんぞ明日確認すればいいのだが半ば野次馬気分で五時半ごろ学校へ。
サークル登録で並んでいるのを避けて中に入る。まだ新部長は来てないらしい。
しばらく待っていると何故か一年のSくんが声をかけてきた。代理らしい。
大事なものなんだから代理頼むなら二年以上にしろよと思う。
しかも代理君たちは長くはいられないらしいので代理の代理Sくんと一通り話を聞くことに。
肝心の部屋割りはまだ採点を集計し終わっていないらしく、来週の金曜に発表とのこと。
なんだよースケジュール組んだのそっちじゃないか。で、昼間のおっちゃんは
来週発表だよと言ってくれ。わざわざ再登校で「じゃまた来週」じゃなぁ。
その後は去年度と同じくサークルの日関係の説明と来年度サ館運営委員のくじ引き。
文化系は部室を持つサークルのなかから四つ。当たる確率は5%弱ってトコ。
その5%の壁を突き破って見事に当選した。一瞬現実感がなくなっtら気がする。
これで今年は仕事が増えるわけだ。現二年がやるのか現一年がやるのかは知らんが頑張って。
やるなら今年度のうちのほうが楽しかったかも知れんなーと少しだけ思った。

帰宅後宇宙のレポート用のグラフをつくってから寝る。

裂傷
そりゃぁ「考えられない」よなぁ?

十時過ぎにおきて宇宙をやる。
といっても遅延ポテンシャルのあたりはパーなので後回し。
レポートのデータ打ち込みの終わったところでバイトへ。

入るとバイト希望者(たぶん)の面接をやっていてびっくり。
時給安いけどいい?と聞かれてはい、と返事をしていた。ええ子やないですか。
で、外を軽く掃いてからすぐに前レジ。
ちらっとしか見てないし正面からは見ていないがたぶん、そうだ。
あちらさんは気が付いていないのかそうじゃないのか。目は合わないままだった。
今更何もないがね。そもそも名前はなかったし。あぁやっぱりダメなままなわけだな。
で、そのせいとは言わないが注文で出版社を聞き忘れたりする。すみません。
クリスマス以来の包装もやるはめに。多少歪だが勘弁してください。
雑誌の頭をすっとやった拍子に薬指の爪との隙間を切った。
結構痛い。ぱっくり裂けてるし。どうにもついてない。
普段は意識しないが薬指ってモノを持ったりするときに支え役で力がかかるので
指先負傷は片付けに支障をきたした。しばらくは大事にせんとなー。

明日はいよいよサ館の部屋割り発表。マジック(およびリコーダー)は大丈夫なんでしょうか?

信じるに足る証拠
原子核は元素合成のおおまかなお話。
こうだろう、と考えられているストーリーはごくごく単純なものなのだが
これが正しいと信じさせるだけのデータ収集とシミュレートがあると思うと不思議な感じ。
ある程度陽子が増えると電気的に陽子はくっつけないから中性子がくっついたあとに
陽子になってるんだー、とか。思いついてもどうやって他の人を納得させてるんだろうか。

宇宙は星の寿命の話。
計算についていけん。この先生はノートを写してみるのではなくて
その場で計算してるっぽい(答えは確認してるみたいだが)ので尊敬する。
これでρとPさえキレイに書き分けてくれればなァ……
来週テスト。持ち込み不可は厳しい。あっても出来なそうだから一緒かな?

またまたバイトは前レジ。
バイトは一応四時五十分までに来ることになっているんだが最近皆さん遅めなので
先に来て前レジになってしまうんだな。時間が延びてからの後ろはキツイので構わんが。

少しだけ宇宙をやる。黒体放射の問題は統計手法なら解けるが
少し係数が違うのだよね。積分範囲が違うってことで見逃してもらえるだろうか?

演習ラスト
量力は電磁波の続き。
調和振動子と似ているのでどうにかなりそうに見えて実際は何もわからない。
テストの日が集中講義の関係で少しずれる。バイトの日程変えんとな。
多粒子系は何一つとしてわからないので一からやるしかない、のかなぁ?
レポートも出したほうがよさそう。

空きコマは統計演習。
出そうなところは決まっているのでそこだけ一通り流す感じ。
通常の熱力学公式を少し暗記。こんなの覚えてられまへん。

で、テスト本番。
空きコマにやった問題が出てラッキー。でも公式をちゃんと覚えいていなかったので
適当に日本語でごまかしをいれて書く。添え字も曖昧に。スルーしてくれ。
任意解答問題が曲者で何を計算すればいいのかわからない。
そのまま計算するとゼロになるしなぁ、とずっと考えていたが
きっとゼロが答えだ!とそのまま書いた。説明も多分に曖昧に。
単位は大丈夫だろう。黒板に危ない人とアウト確定の人が書かれていた。合掌。
統計講義のテストは今週じゃないらしい。いっそ統計関係全部済ませたかったのだが。

本屋を巡るも収穫なし。あぁ、明日からは宇宙(レポートもあった)をやらねば。

相対中心
少しだけ雨が降るなか自転車で学校へ。
量力演習は電磁場での電子の回転運動の話だったのだが
相対座標と中心座標を演算子であらわすのができない。初めて見たし。
そもそも速度からして出ないし。交換関係がわからない。
テキストに載っているのを写したが何故か符号が逆。何故?わからん。
この演習も来週が最後(のはず)。耐えどころ。

素粒子はバリオンの種類わけ。
スピンごとにグラフにプロットするようにして描いていくのだが
よくわかんないよね。保存量がどうこうとかまったくわからない。
そういえば。来週に研究室の話があるそうな。ずいぶんと急だ。

少し統計をやったあとに実験レポートの再提出。
また細かくチェックが入るのかと思いきやあっさり受け取られて終わり。拍子抜け。
参考資料も図書館に返して、バイトへ。

前レジでヒマ。何も考えないでいると結構速く時間が進むように感じられる。
日曜になんかあったらしいのだが詳細不明。どういうことでしょう?

統計を少しやって寝る。明日で最後。

幻視のひと
すこし遅めにおきて統計演習。
範囲が広いわりに授業が(質的にではなく範囲的に)おざなりだったので
授業中にやった問題と過去問にしぼってやることにした。
でも授業は落ちていたところもあるのでフォローするのだけでだいぶ時間がかかってしまった。
過去問はとりあえず過去二年分をやる。大正準理論などの昔にやったことを
ほとんど覚えていないのでそこは前期のノートを見ながら。あとは授業でやったこと。
過去問の日付は二月中旬なのよね。今年だけ異常に早い時期にやるのかな?

五十嵐大介「はなしっぱなし」を読む。短編より短いショートショートのような作品集。
ほとんどが日常の中に紛れ込んでいる“何か”の話。なんでもありで不条理な感じもするし
それが当然のようにも見える。そこらへんのバランスが絶妙。
妖怪ほどにしっかりしていなくて精霊よりは実体のある不思議なモノたち。
消しゴムがなくなるのはチャンスが隠したから、っていうのに似てる。
この作者は子供のように本当にささいなところに物語を見つけて(感じて)いるのだろうなぁ。
「裏ねこ」なんか好きだなぁ。表通りから入るといないのに、裏通りから入るといる猫達。
「星の児狩り」の神話じみた宇宙の話とか雨どいに詰まる空気(クラゲ)人とか。
世界の深みとの境界にいる人なのだろう。

カウンター
昼前におきて午後からバイト。
ちょうどのお金を置いてまだレジで打ってないのに帰ろうとするのはやめてほしい。
小銭が混じってたりするとこっちとしては確認するのに時間かかるのよね。
別に一分も待たせるわけではないんだからさーと思うのですが。
何かの拍子に五年ほど前のスリップが大量に見つかったらしい。
五年前でも受け付けてくれるのかは知らないが、とにかく数える。
当時数えて百枚の束にしてあるものもあるのだが、それをとめてある輪ゴムが
劣化してくっついていたり、輪ゴムが切れて何枚か逃げていたりと
余計な作業が増える要因に。キレイなのでも輪ゴムの交換は必要だし。
二時ごろから初めて、八時前までやっていた。途中から二人でやっていたのだが
ダンボール一箱分のスリップの九割以上をカウントした。とりあえず四千枚くらいは数えてた。
重なっていないか指でこすりながら数えるので指先が痛い。鼻のかみすぎで鼻も痛い。
それにしても今日は作業があってよかった……

テスト勉強をしなければならないのだが今日は疲れてるし
明日からでいいや、ということで五十嵐大介「そらとびタマシイ」を読む。
画が丁寧に描かれていて嬉しい。「魔女」もこんな感じで描いて欲しいな。
全六篇の短編集。とくに面白かったのは表題作と「熊殺し神盗み太郎の涙」。
表題作は初めの「わたしの手が命を吸い取って~」という表現がいい。
あと食べものがおいしそう。よく言われてるけど食事のシーンを描ける人は凄い人が多いと思う。
最後の幻視のシーンも何の不自然さも感じさせない。すっと入ってくる感じ。
「熊殺し」は昔話のような素朴な邪悪さがいい感じ。
湖の底の描写の凄いこと。話は悲劇的に、あっけなく終わる。
パン屋さんの話も良かったし、非常によいマンガですね。

三桁違い
レポート提出のために学校へ。
センター前日で授業はないためかほとんど人がいない。いつもこうならなぁ。
Tさんに貸すシンブルを置きにサ館へ。うわ、外の階段三階のドアが閉まってる。
これは入るなってことだよね?でも二階は開いていたのでそこから侵入。
ここまで人の気配のないサ館は初めて。夜中でも何でも人はいるものだったのに。

幸い学部棟は普通に入れた。誘電率は担当の人がいなかったので渡してもらうよう頼んだ。
で、磁性体の実験は先生が部屋にいらしたのでチェックしてもらう。
散々だった単位が間違ってた。な、なんだってーっ!
kMx=10^-8WbではなくMx=10^-8Wbだった。三桁もズレてるじゃないか。
必然的に磁場の値も三桁違う。おかしいな、グラフの形は合ってるんだけど。
あとグラフの目盛り線は要らないとのこと。以上の点を修正して再提出の運びとなった。
一発で通る予定だったんだがなぁ。無念。

ブックオフにて「象られた力」を買う。二冊目だけどな。
その他に天童荒太「包帯クラブ」、士郎正宗「アップルシード」を購入。
家に着くとオンラインで注文していた五十嵐大介の本が届いていた。やったね。

「アップルシード」を読む。一巻だけ買ってみた。映画とはだいぶ印象が違う。
デュナンやヒトミのキャラデザが幼い感じ。ブリアレオスは一緒。
性格も映画での落ち着きはどこへやら。攻殻の少佐も原作とアニメで違ったのを思い出す。
画は攻殻より見やすいような気がする。こっちのほうが咲きなんだけどね。
あといっぱい書き込んでいるので文庫版を買ったのはミスだったかもしれん。
話が動き始めたあたりで一巻は終わってしまう。続きはどうしよう。

夜レポートの修正をする予定だったが寝てしまう。統計も始めないといかんのだが……

完成の日
十時ごろにおきてレポートを書く。
昨日判明した事実のおかげでグラフの形が正常なものになった。よかったよかった。
理論、方法は適当に書いて考察部分をしっかり書く。
誘電率の実験よりは何が起きているのかがわかりやすい。本もネットも味方になってくれるし。
とはいえ誤差の原因とかは本には載ってないのでなんとかそれっぽいのをひねり出す。
今日中に提出に行く予定だったが無理だった。

今日もバイト。土曜が長くなってるんだがやめれ。
オレンジページが売り切れ。そんなに魅力的な内容だったのか?

ついにレポートを書き上げる。明日出せば終わり。

"美しき少女よ、わたしにキスを"
午後から授業。原子核は最近(といっても二十年前くらい)の話。
実験は実験、理論は理論でいろいろあったらしい。不安定核は理論の負けだったらしいが。
どっちに進むにしてもプログラムとかは出来ないと困りそう。うぅ……

宇宙はHR(ヘルツシュプルング・ラッセル)図とナントカ方程式の話。
高校のときは選択で地学をやっていたのでHR図は何となく覚えていた。
星の色によってO、B、A、F、G、K、Mと型があるのだが、高校のときは
"Oh! BeAutiFull Girl Kiss Me"と覚えろといわれていた。
今回は"Oh Boy, A Fine Girl Kiss Me"だって。どこでも似たようなものか。
実際に星のデータを見て図をかくレポートがあるのだがちぃと面倒だ。
ナントカ方程式に関してはまた密度と圧力の見分けがつかなかった。今度じっくり考えよう。

授業後、共同実験者とレポートについての相談。
ずっとkWbだと思っていたところが実はkMX=10^-8Wbだった。ぬわーっ!
これで磁場と磁化のグラフの形が正しいものになるはずだ。

バイトはいつも通り。「C.M.B.」の新刊を買って帰宅。
帰宅後すぐに読む。……まぁまぁだなぁ。
歴史ミステリーっぽい話。ユダヤ教とローマのことに関しては予備知識がゼロなので
説明が多くて助かった。嘆きの壁って神殿の跡だったんだね。
話のスケールのわりにトリックは地味。そういうのを楽しむマンガではないのでいいんだけど。
やっぱり主人公二人はQ.E.D.のほうが好きだなぁ。

紙背
量力は電磁気の第二量子化。
わけがわからない。普通の計算すら追えないという状況。
テストは二月なのでそれまでに未提出のレポートをやって点を稼ぐしかないような。

ブックセンターに寄る。
雑誌の片隅にペーパーバックがあることに気がついた。「グレート・ギャツビー」もある。
こういうの読めると楽しいんだろうなぁ。でも妹君の英語の教科書が読めないレベルではね。
ライフの「中」は在庫あり。ちゃんと見ておくように、といわれた問題は
どうやら違う問題だった。問題番号をちゃんとメモしていないのでもうわからない。

実験レポートを少し書く。固体協力はあと考察を少し書けば終わり。
強磁性の実験は理論などプリントに載っていることは書いても見てくれないらしいので
ほとんど書かなくていい。だからこそ数行でどうまとめるか迷う。

統計は平均場の理論。
先週の一回だけで第八章は終わりだそうな。今日で第九章が終わって、来週テスト。
いろいろ時間制限が厳しい。

帰宅後はまた実験レポートの作成でパソコンの画面とにらめっこ。勝てん。

×10^2 kWb
量力演習は多電子系の問題。
一度グリーン関数の計算をしなければならないのだが難しいのなんの。
もうひとつマジメに相互作用を計算するのもあったのだがそこまで手が回らずに時間切れ。
この問題で満点をとれる人はおかしいと思う。

素粒子は初めに角運動量の小テスト。
量力の授業では具体的な粒子の名前とかはでてこないもんだから
何をすればいいのかわからなくなる。やってることは簡単なのだが……
講義はハドロンの話だったが途中で寝てしまった。いかんなぁ。
もうすぐ成績の途中結果が見られるはず。どうなっていることやら。

図書館で実験レポート用の本を借りる。
一般市民は今日から貸し出し停止らしい。一般市民も使えるんだ。
適当に二冊借りる。あのバーコードの読み取りはもう少しピッとできないものか。

その後バイト。また前レジ。いつもどうり淡々と終了。

実験レポートのグラフをつくる。
データを打ち出した紙を貰ったのだが適当すぎてやってられない。
単位間違ってるし、小数点の位置は曖昧だし変なデータ混じってるし……
レイアウトにも苦戦してグラフだけ印刷して寝る。

付録という名の本体
今年初の一時からのバイト。
休憩の埋め合わせで一時間レジに入った後は雑誌開け。
付録がね、ヒドイのですよ。「小学一年生」の付録が。
別冊で親向けの冊子と子供用付録のはいった結構大きな箱。
大きすぎて普段使っている袋に入らない。仕方がないのでビニールのテープでぐるぐる巻き。
某結婚雑誌みたいに専用の袋をつけやがれってんです。ちったぁ人のメーワク考えろとっつぁん。
この袋詰めで前半戦終了。後半は前レジでひたすら時間が過ぎるのを待つ。
奈須きのこの「DDD」が売れてるのですが面白いのでしょうか?
サウンドノベルのテキストを書くのと普通の小説書くのは勝手が違うだろうからねぇ。

少しだけ量力をやってから寝る。ひさしぶりの一時からは応える……
求ム続編
昼過ぎにおきた。生活サイクルが不規則すぎる。

「SFへの遺言」をさらっと読む。
対談集というか関係者で集まってSFを知ったきっかけからデビュー、その後の活動などの
ことについて話すという感じ。内容のわかるところだけ飛ばし飛ばし読む。
好きだ好きだといいながらあまり初期作は読んでないのだよね。今度ちゃんと読みます。
当然のことだが当時の社会状況が作品に大きく関わっているらしいのだが
戦後のことなんてほとんど知らないわけです。そういう意味では読めないのだな。
それにしてもSFとして初めて読んだのが小松左京だったのは実に幸運だったなぁ、と。
未だに「神への長い道」は僕の中でNo1。超えられる可能性を秘めた「虚無回廊」は
残念なことに完結が見えてこない。あぁ、続きが欲しいよう。
「SFとはこういうものだ」という代表としてこの二つは外せない。
最近はやや違う方向性で飛浩隆作品があるのですけど。これはこれで大好き。
で、もう少し各作品についても語って欲しかったのですが、それは文庫のあとがきでも読むさ。
あとちゃんとした本も読まないとな。ドストエフスキーかぁハードル高そうだ。

二年前期のノートを引っぱりだしてきて原子核のレポート。
フーリエ変換、逆変換の式は覚えてないし複素積分に関してはパー。
なんとかポテンシャルの形を求める。とりあえず、これを出せば単位は安泰か。

継ぐのは誰か?
統計は何の話をしてたんだろうなぁ。聞いてなかった。
テストは今月中らしい。なんか、もう、ね。

昼休みに学生課へ書類を出しに行く。
その場で軽くチェックでもするのかと思っていたがさっさと受け取られて終わり。
最後の仕事も無事終わり。あとは二週間後の発表(形式不明)を待つだけさね。

実験は前回と試料を変えて測定。
パソコンを持ってこなかったようなのでまた手でプロット。ええかげんキレそう。
予備測定もないのでしばらく待ってある程度データがそろってから打ち始める。
前回は途中で点を大きくしたりスケールをいじったりだったので
今回はゆっくり丁寧に。測定後だいぶグラフ完成まで待たせることになったけど知らん。
レポートの書き方の注意だけ聞いて終わり。前のもあるし一週間で書くのはキツイなぁ。
精度とかマジメに考えたことがないので苦戦しそうだ。

六時から総会。人数が結構ギリギリでひやひや。
とりあえず学外の反省文を書いてない人は書きなさい、という話の後は
去年と同じく次期三役承認をしてさっさと議長を明け渡す。終わったー!
師匠の“後を継ぐ”というほど仕事が出来ませんでした。すみません。
Bくんのサポートで部会などもやってみましたが効果はどうななのか。
今後も意味のある形に改良されながら続いてくれると嬉しいのですが。
次期三役は予想どうりというかなんというか。まぁどうにかなるさ、頑張ってくれぃ。
学外会計は前年度繰越金をメモッてないとかありえません。集める金額は
少し考えないと来年以降も多めに集めて払い戻し、とかなりそう。午前の料金もあるけど。
一年生の横割りはやや偏りが見られるものの、本人達が納得してるならいいのでは。

いつかのようにハンバーガーを食べてから総会コンパ。
Yくんが必要以上にはしゃいでいてなんとも。肝臓はお大事に。
前よりもお酒に弱くなった気がする。ちょっと飲むと眠い。
二次会はカラオケらしいしお金もないしで不参加。

無職になって眺める空は少し寂しい。

奇跡は誰にでも一度おきる
だが おきたことには誰も気がつかない。

全休なのでおきたのは昼前。図書館へ本を返しに行く。
で、小松左京「SFへの遺言」を借りた。この本は“比較的”最近の本らしいので未読。
「コレクター」もあったが長編だったのでパス。中篇ってどっかで見た気がするんだが。
検索ではあるはずの「夜市」が見当たらない。何故?

部室でDVDのファイナライズ。
授業時間中だったので心配していたブレーカー落ちはなかった。
速やかに作業は終了。学外のはMくんが落としてくれた(?)ものを持ち帰る。
そういえば。昨日ビデオノートに大祭借りてくよーと書いたのだが
急いでいたので名前を書き忘れていて「名前書けっ!」って書いてあった。ずびばぜん。

帰りにブックオフで「グレート・ギャツビー」を買った。
できればハルキさんの訳で読みたかったが図書館で予約が十件以上入ってたからねぇ。
「なぜ人はエセ科学に騙されるか?」という本の上巻と下巻の間に
江原某のスピリチュアルな本が挟んであってニヤニヤ。やった人を褒めたい。

ヴィレッジヴァンガードにてずっと探していた「わたしは真悟」の五巻を発見、即購入。
今まで何度か来てるんだから一発で見つけろよって話ですね。観察力不足。
ついでといってはなんだが「へうげもの」一巻と「魔女」二巻も買った。

「わたしは真悟」を一気に最後まで読む。
楳図かずおは本当にすげぇなあ、と。間違いなく“天才”の一人。
“父“から“母“へのメッセージを届けるための旅。究極の進化と奇蹟。
子供の時間は終わりを迎え、衰退が始まる。返事を伝えるための“父“を追う旅に。
SFというよりも神話である。ネットワーク的進化の描写は二十年前という時期でなくとも
素晴らしいの一語に尽きる。わたしは全て。全てはわたし。マルになる。
そして最後に“それ“だけが残る。
初めから最後まで失速しない(むしろ加速する)のは長さを考えるとすごいことだ。
だいたいタイトルの意味がわかるのが中盤。全部話を考えてから描いているというのは本当らしい。
終わり方がやや急だったり最後のほうはマリンが出てこないとか
結局あの男たちはなんだとか気になる点がないわけではないが、そんなのを無視する勢いがある。
やっぱり強烈なのは読後感が違うなぁ。

「魔女」を読む。
一巻よりも毒が抜けて親しみやすくなった気がする。話がわかりやすくなった。
「言葉は世界を刻む道具」だとか「めざめるためにたびにでた」だとか良い感じ。
画は……やっぱり雑に見えるところもある。一巻の羊の頭に頬ずりするときの
女の顔なんかはビビッとくる画だっただけにもったいないなと思ってしまう。

「へうげもの」は戦国時代の武将と茶器の話。
去年DMC(個人的にはハズレ)と共に話題になった本なので買ってみた。
てっきり茶器マニアの話だと思っていたので思ったより時代モノっぽくて驚いた。
面白いのだけど一巻だけではそこまで…?といったところ。人物紹介みたいなもんだったし。
ちょっと気になったのだが当時の女性は家の中でもオカメちゃんメイクだったのか?
一人だけすごく雰囲気から浮いてた。実際そうでもマンガの中くらい……ねぇ。
茶器に詳しくないのでそのへんについては登場人物の反応を楽しむくらいしかできない。
やはりモノの解説は欲しいところだが。

遠い昔に想いを寄せて……
原子核は核力の話。
情報量が多い&難しい。これで入門的とか言われてしまうとねえ。
最後のレポート(といっても普通に角運動量の問題を解くだけだが)が出る。
テストはないので、これさえ出せば単位は大丈夫だろうなぁ。

宇宙はトムソン散乱とコンプトン散乱。
今日提出のレポートはトムソン散乱のはやってなくてもいいらしい。とりあえず出しておく。
今日の講義とはあまり関係がないが、遠くの星を観測するのは過去を観測している、というのが
あまり頭に馴染まない。何万年も前の星の光が~ってのはもちろん理解できるのだが
宇宙の年齢と同じくらい昔の距離ってはなんだ?(実際は晴れ上がったあとらしいが)
遠いほど、過去。でもある程度より遠くは星ができないほど昔ってことだよね?
何がどうなっているのかよくわかりません。
電子が衝撃波によって繰り返し加速され、それとの衝突で光子の分布が変わる話が
面白かったのだが、よくもまぁこんなストーリーを考えられたものだと感心した。
考えるまではいいとしても計算かシミュレーションで観測結果と比較しなきゃいけないわけで。
複雑な現象を説明するのは大変だ。

バイト。前レジ。
学外時期に新しく入った人とレジに入っていたのだが細かいところが気になる。
言葉遣いは気になるし、お釣りは片手で渡すし……
べつにかっちり決まっていることではないので何も言わないが。どうなんでしょうか。
片付けのときに外に出している本やら印鑑やらが冷たかった。手袋するわけにもいかんしな。

学校から持ってきた大祭のDVDは無事コピーできた。あと四枚。

コピー拒否
早く寝たはずだったが寒くて夜中におきてしまったのでちょと寝不足。

量力は……なんだったんだあれは。
前回範囲の場の演算子がよくわかっていないのが災いして何をしてるのかがわからない。
記号だらけで計算も追えないし。誰かヘルプ。
補講期間にテストなので時間はまだあるが大丈夫だろうか。

空きコマは宇宙。電磁波に入った。
レポートのトムソン散乱は諦めることにした。授業でやってないしな。

統計はゆらぎ。途中で少し落ちたが計算ではなく説明だったらしいのでまぁいいか。
こいつはまた再来週にはテストなので厄介だわ。

DVDをコピーするためにサ館へ。ハトかごがない&散らかってるんだが何かあったのか?
今年のショーのDVDを回収。マスターから落とすのは時間かかるからね。
連絡したはずの衣装がまだ残ってる。総会後には捨てますぜ。
あとTさんのCDが残ってるんだけどいらないのかな?Iさんにも早急に連絡を取らねば。

家のパソコンでコピーしようとしたがどうやらファイナライズをしてないらしく
再生はおろかディスク認識すらしない。むぅ、困った。

しっかりと十時におきた。
といっても寝たのは十二時半くらいだから寝すぎていることに変わりはないのだが。

宇宙の練習問題の解きなおし。
今月中にテストがあるらしいのだがこのままでは落とすのは確実なので
運命を変えるべく解きなおし。レポートのときに少しやったこともあって
スラスラとはいかないが前より頭に馴染んでくる感じ。慣れの問題なのか?

今日もバイト。前レジ。
映画版「鉄コン筋クリート」は良い出来らしい。劇場に観にいくのは面倒なので行かないが
レンタルかテレビで観たいところ。個人的に声優は本職の人にやってもらいたかった。
そういえば。店内の本の配置が大きく変わった。三日はいつもどおりだったので
昨日知って驚いたのだが。新書の位置が変わって、平積みや台展示になった。
本のチョイスがなかなかカオス。ちゃんと棚ごとにテーマはあるのだが
ごちゃごちゃしすぎ。「鼻ほじり論序説」があることに感動した。
できれば「鼻行類」の隣に並べたいところだが買うのはちょっとなぁ。
多少マニアックなコミック類も置いてほしい。目指せヴィレッジ・ヴァンガード。

明日は学校なので早く寝る。

運命のしっぽ
また昼過ぎに一度おきて三時過ぎまで二度寝。どうしてこうも眠いのか。

何かする余裕もなくバイトへ。
昼ごろ電話があったようなので何かと思ったら病欠で一人欠けてるらしい。
まぁだからといって昼から呼ばれてもやることないのだろうけど……
と、いうことで必然的に前レジ。年賀状に関しては申し訳ないとしか言えません。
早く時間が流れないものかと時計を眺めているとTさん、Oさんご来店。こんちわ。
見ての通り、大変ヒマなのです。どうにかしてほしいのですよ。
Mくんより移植版デスティニーについての衝撃的な事実を教えてもらった。
シナリオが多少変わるのはいいとして、デスティニー2に向けて軌道修正するのはどうなのか。
あとリオン。いろいろ変わってるらしい。ラストで出てこないってのはショック。
ドルアーガの塔もないらしいし。いまどき珍しくマゾヒスティック(誤用)だったのに。

帰宅後、宇宙の練習問題を解きなおしながら久しぶりに「夢であるように」を聴いた。
哀しい歌詞だけど、えぇ曲や……

聖夜の三人組
頑張って昼前におきる。雨の音が聞こえる。

量力の復習。
時間に依存するあたりからノートを書き写していたのだが
多粒子系のがまったくわからん。昇降演算子のところではノート間違ってるし。
途中から講義と同じで意味不明のまま写していることに気がついたのでやめた。

見知らぬ番号から電話。
出てみるとサークルOBの方だった。なんだなんだ。
用件はイリュージョンの道具作りたいので手伝って欲しい。終わったらあげるから、というもの。
一応聞いてはみますが時期が時期だし期待はしないでくださいね、と答えた。
あと寄付はされても困るかも、と先に伝えておく。昔は部室にあったらしいが
僕が入学したときにはなかったよな。もう置く場所ないしさ。
いくらOBといっても面識のない学年に手伝わせるというのはどうなのか。
個人的に、良い感情は抱きません。

今日はバイトだーと思っていたら明日だった。気がついてよかった。
だいぶ前に録画しておいた「東京ゴッドファーザーズ」を観た。
クリスマス、三人のホームレスが捨てられた赤ん坊を拾って親の元に届ける、という話。
いや非常に面白かった。これでもかと言わんばかりに偶然、必然目白押し。
アニメのいいところはご都合主義でもなんでもアリで許せるところ。
最後のシリアスなんだかふざけてんだかわからない感じがよいね。
観終わって主役三人の声が本職声優でないことに驚く。オカマは頑張ってたなぁ。

「ひぐらしのなく頃に礼」を読み終えた。
お祭りディスクみたいなもので短編二つ+目明しお疲れ様会。
「賽殺し篇」はけっこうキッツい話。選択するということの意味と覚悟と責任の話だった。
重さのわりにはこれからってところであっさり終わってしまった。あら、ちょっと残念。
プレイヤーが選ぶのかと思っていたので意外でもあった。
彼女が選択したのだからこれでいいのでしょう。完成した物語には外野は口を出せない。
「昼壊し」と「お疲れ様会」はどっちもドタバタ。麻雀わからないのが悔しいね。
次回作はほんとうに「うみねこ」というタイトルなのか。楽しみ。

全範囲
短かった休みも終わり、今日から授業。
レポート提出のために統計の講義に出席。思ったより人がいた。
ひさしぶりに講義を聴く。フォノンの話。聴いてたのにあまり覚えてないな……
ノートも少しとる。テストは近そうだし。後で読んで意味がわかるかは考えない。

午後は空き教室にて量力の冬休みの宿題。
何年か前の過去問なので解答があるので見せてもらう。縮退は考えなくていいらしい。
ゼロになってしまうと悩んでいた積分は分母がゼロになるところだけ値があるんだね。
リング上に粒子が、という問題で全範囲積分の最後に半径をかけるかかけないかで
大いにもめる。入れないと円周の長さの計算とかあわないじゃん?
でも解答には何もついてない。コレはあとで確認が必要だ。

夜は飛浩隆「魔述師」を再読。
たしかに「魔術師」に似てる。……というか大まかな配置はそのまんまですな。
最初読んだときには気がつかなかったこともちらほら。コペツキの正体(予想だけど)とか。
もちろん彼のモチーフには気がついたのだけどあまりに口調が違うのでねぇ。
あと彼はジョヴァンナの支援をしているのか対抗しようとしてるのか。読み取れなかった。
支援をする必要性がわからん。かといって感情で動くとも思えん。今後の展開に期待。
進水式のシーンはいいなぁ。とりあえず次は「蜜柑」でしたか。楽しみにしております。
そういえば。「クローゼット」の最後がちらっと見えた拍子に
「蜘蛛の王」の彼女の正体にも気がついた。遅い?雑誌掲載の時には
造ってるシーンはあったけどあげるシーンはなかったのでね。いやはや。
どうにも注意力不足というかなんというか。話を追うことに気をとられて
鏤めてあるモノを素通りしてしまっているな。もっとゆっくり噛むクセをつけよう。

RAY=OUT
昼過ぎにおきて、また三時半まで寝ていた。廃人になりそう。

レポートのデータの打ち込み&グラフづくり。
データはプリントアウトしてもらっているのだがレイアウトに問題アリのうえ
次元が間違っているので打ち直し。グラフはさすがに見づらすぎたのでつくりなおし。
有効数字に困る。今までのレポートではは総桁数でやっていたのだが
今回は測定値の幅が大きいので小数点以下の位でやったほうがよさそう。
測定値をつかって求めた量の有効数字をどうするかになやみながらも表完成。グラフも完成。
毎度のことだがプリントアウトするときの大きさや余白の設定に苦戦。
紙の真ん中にいっぱいに、という設定はないものか。上下はあわせてくれるが
左右は左に寄りがち。そういう方法がないのかあるのに知らないだけなのか。
あと線膨張率が解説で聞いた値と二桁違っているのだがこれはなんだ?

量力の冬休みの宿題をやる。
摂動がゼロになってしまう。二次までやってもゼロ。計算が間違ってるのか?
そのままだと遷移確率もゼロになってしまう。なんか違うんだろうな。
縮退のあるなしの区別がわからなくなってきた。本質的に理解していない証拠。
明日学校へ行って(どれだけ人が来るのか知らないが)誰かに聞いてみるか。

初暇
正月早々朝からバイト。
社員さんとパートさんは休みなのに何故店を休みにしないのか。よくわからない。
二人はレジに入れず余ってしまうので午前中は雑誌整理の名の下に
店内徘徊。もう立ち読みしそうな感じでぶらぶらしてるだけ。
前の通りもほとんど人通りがない。数少ない歩いてる人が店に来るかといえばそんなこともなく。
家族連れが多いのは初詣の帰りだからだろうか?
休憩時間前だけレジに入る。社長と入ったが話しかけられてもねぇ。
話題のなさに困る。無言で過ごせばいいものを……
午後は雑誌開けと返品。しっかりと時間が過ぎてくれる。
それが終わってしまうと再び徘徊。午後はいつもと同じくらい人が来ていて驚いた。
それにしてもバイトに来ているのにヒマというのはなにか哲学的に深遠なテーマな気がする。
時間になったら光の速さで片付けて帰宅。

夜は実験レポートを書く。理論を写し終えてから寝る。

三流目利き
おきたら午後の二時半だった。寝すぎ。

宇宙のレポートの続き。
最後の散乱の問題以外はどうにかなりそうなのだがスペクトルのグラフが
エクセルで書いたものとテキストが合わなくて四苦八苦。
式が複雑なのでエクセルで一行で書くだけでも苦痛なのにそれをいろいろこねくり回す。
結局よくわからないままプリントアウト。多分スケールか何かが違うんだろう。

「芸能人格付けチェック」を観た。
観てる人も楽しめるものを増やして欲しいなぁと。食べ物とかはわからんし。
高い楽器を演奏で聞き分けるのは観ていた家族三人全員間違えた。ヴァイオリンがなぁ……
昨日の「何でも鑑定団」でも似たようなのをやっていたが芸術って判断がよくわからん。
ピカソの落書きみたいなエビを見て鑑定人が「このエビは生きてるでしょう!」みたいな
ことを言っていたがはたして本気で言っているのか。わからない世界だ。
あと映画の監督と芸人さんが編集したVTRでどっちかを判断するのは
素人の芸人が編集したほうが良かったと思った。なんだろう、これは。才能に問題が?

サークルの活動報告を書く。この間の大雨でやや痛んでいるが無視。
今年度の「活動予定」の紙に終わったことを書いていく。それでいいらしい。
例年と一緒なのですぐに終わる。追加の紙に渉外のことと部室の利用状況を書いておく。
「あでるは」に関しても書いておいた。コピーもつける。
あとはDVDを用意するだけ。部屋の写真も欲しかったが汚いのでNG。
ハトに関してはよくわかっていない。確認しに行ってダメって言われても困るしな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。