プロフィール

Nobody

Author:Nobody
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

不思議の国の日記
"I see nobody on the road." 彼女には彼が見えるのです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07松波ショー
八時十五分という中途半端な集合時間に間に合うように家を出る。
サ館前にはすでに一年生がたくさん。荷物も降ろし終わっていたようでなにより。
だが暗幕が忘れられていた。去年だか一昨年だか忘れて大変だったからね。
卒業生から貰ったリヤカーが大活躍。時間を気にしなくていいのは大きい。

会場についてからは昨日はカットしたラシャ貼り。
ガムテープが少ないんだよ。五、六本はあってもいいと思った。
ステージ背景となる暗幕に苦戦していた。コレ用にキレイなの一枚買ってもいいかもね。
A班のリハ。事故が起きた演者もいたみたいだけどまぁ良い感じ。
スタッフはちょっと音響のボリュームが大きかったり照明・スポットがずれてたり。
B班リハではスポット以外は改善された。気を抜いちゃいかんよ。

A班開場くらいの時間からOB・OGさんたち御来場。お久しぶりです。
一般のお客さんも予想以上にたくさん来ていただけている。座布団足りるかな?
開演。A班でいちばん盛り上がっていたのはシルセレ。やっぱり現象がわかりやすいもんな。
復新が一番松波っぽい雰囲気だった。若いっていいよね、と思う今日この頃。
B班はお客さんの入りがちょっと心配だったけどまぁ大丈夫だった。
シンブルは八本出しがね。指のストレッチが足りなかったのだからしょうがない。
ハトにあまり拍手が来ない。技術的に下手ではないんだが。タメが少ないのかな。
ということで無事閉演。皆様お疲れ様でした。
一年生はステージマジックがどんなものか体で理解できたのではと思います。
個人的にはクロースアップよりよほど面白いと思うんだけどね。人それぞれということで。
スタッフもちゃんとリハなどでの反省が活かされていて良かったです。
お客さんが多かったのは広報のおかげでしょう。小立て看もキレイなのつくってたし。
代理だったブタ監もお疲れ様でした。ショーは成功でしたよ。全体的に連絡は遅かったけど。

一度帰って手ぶらになってから打ち上げへ。
ショーには来られなかったBくん登場。久しぶりだ。相変わらずやね。
一次会は演者へのコールよりも二年のYくんが頑張っていたのが印象的。
四年のYくんはちょっと苛められすぎな気も。もう若くないんだから大事にしてあげて。
二次会はあれですね。他人に迷惑をかけるのはよくない! という話。
迷惑というのは物理的なものだけではないのね。お酒が入っていても自主規制は必要でしょう。
帰り際にも一騒動。ああいう事態に何も行動ができない自分を恥じる。
現部長がいろいろ心配していたようですがまぁ大丈夫でしょう。キミが気に病むことはない。
だがしかし何故あんなになるまで飲むのか。ノリだの空気だのというのはそんなに大事なの?

車が動き始めたのを見送ってから帰宅。気にならない程度の小雨。

スポンサーサイト
明るいリハーサル
微妙な天気の中、自転車で学校へ。
今回の問題は二重振り子が異常に面倒だがそれさえ抜ければあとはどうにかなる。
でも本当につまらない計算ミスがいくつか。こういうのってやっぱり減点されるのかな。

急遽A班のリハをすることになったので合宿所へ。
音響、スポットこそ準備していたが人がいないらしく進行は何もしてない状態。
ラシャ貼りの面倒さとその利点を比べるうちに「貼らなくていい」ほうに天秤が傾き始める。
まぁ進行さんも今日は動きの確認の意味合いが強いしなぁ。ということでラシャなし。
そのぶんステージを後ろの荷物をどかしてしっかりつくって欲しかったのだが
それはやってもらえなかった。フラワー助手台とか傘とか捨てろよ。
六時を大きく過ぎてリハ開始。フィナーレ以外は良かったんじゃないかな。
明るいのに進行が遅いってのはどういうことだ。ここはぜひ水曜のメンバーでだね……
読みあわせだけして解散。明日は朝が早いのでさっさと寝る。

チャネリング
学校はないが夕方からバイト。
昨日発売のサンデーとマガジンがもう無い。入る数が減ってるからなぁ。
今のマンガ雑誌というのは何が売れてるのかね? 少年誌はジャンプだけど
少女まんがは店の様子を見る限りたぶん「ちゃお」。青年誌はわからん。
Mくんとゲームの話。おぉ、なんか久しぶりだ。
プレイヤーキャラクターについて彼には彼なりのこだわりがあるらしく、面白い。
デスティニーのジョニーなんて使ったことがない。そこはコングマンでヘヴィーボンバーですよ。
使えるキャラが多いのはいいのだけど戦闘に参加してないと経験値が入らないゲームは
結局決まったキャラで進めることになっちゃうんだよね。なんかもったいない。
定期の人がまとめて買いにくるよーと言われていたが来ないまま終了。

他大の過去問を始める。む、手ごわい……

すばらしき代理人
ゼミ日。Rubyのチュートリアルページを読むがずいぶんと簡単そうに見える。
文字だろうが数だろうがほぼ同等に扱えるのはなかなかスゴイ。
まぁ文法が楽なのと実際にコードを書くのは違うんだろうけど……
ところでチュートリアルはオリジナルが英語なので海外センス炸裂。
これを洒落っ気ととるのがあちらの感覚。そこらへんが思考形態とも密接に関係してそうだ。
対するFortranは何もせず。書かないと憶えないけど一人じゃ書けない。
英語ゼミは電磁気。途中で寝そうになってしまった。長い。
ここは日本語で読んでもよくわからないので普通に電磁気の勉強をしたほうが自分のためか。

某コンデンサーの問題に挑戦したあとB号館へ。
リハの準備は出来ているようで出来てない。演者がいないんじゃしかたないか。
スタッフがないのは結構つまらん。かといってやるのも面倒な矛盾した心境。
いざ始まってみるとオリジナルメンバーではないというのに進行が優秀だ。
いつも足音がうるさいとか遅いとか言われいる印象があったのだがまったく気にならなかった。
かわりに音響のINのタイミングが遅く感じてしまう。普段どおりのはずなのだがね。
スポットはぶれないように。松波はどうせ横にしか振らないから楽は楽。
演者は足元を見ないように。目線が高いかも? 会場ではぼんやり見える人影を見ればいい。

反省会後フィナーレ練。はじめから教えておけよ。
エンドレスはやっぱり上級生のためにあるよね。Eくんがだいぶエキサイトしてた。
個人的にはもっと次の人を意識してあげて欲しいんだがまぁいいか。
金曜はリハをやるのかやらんのか。素早く決断して欲しいのだがなぁ。

金剛石の悲劇
昼ごろおきてお勉強。
力学の変分など復習してみる。おぉ、計算のプロセスは追えるようになっている。
循環座標の話もわかるにはわかる。人間の学習能力って不思議。でも時間かかりすぎな気も。

バイトは前レジ。
対応についてはそんなもんなんですか? 他所ではもっと厳しそうだけど。
当の本人がぼけっとしていたのがなんだか怖かった。あぁはなっちゃいかん。
その後は雑誌の場所を聞かれたけど一人しかいなかったのでレジを出られないという悲劇が発生。
僕がちゃんと場所を覚えていなかったのも悪いし、人数少ないのも悪いし
無駄にぎゃあぎゃあ喚くのも悪い。ついでに言うと今回の彼の行動は悪くはないぞ。
後ろレジは人が離れてもいいのだけど前は入ってすぐなので人が離れられない。
三人いて三人とも手が離せないというのはそうそう無いが確率ゼロではないのか。
でもどうにかしたいな。レジ出ちゃダメかな? 入り口のすぐそばはやっぱり危ない?
そんなこんなで時間は早く過ぎた。電話するのもあったのだが電波が届かない。

英語の教科書を読む。読みにくい。
この読みにくさは文章の海外センスも大きいと思うんだ。なにかライフに近いものを感じてきた。
英語出来るようにはなりたいけど数学みたいにある日ポーンと出来るようにはならないかしら?

あるいは電子でいっぱいの真空
天気が不安だが時間の都合で自転車。
宇宙はいろいろな観測のプロジェクトについてのお話。
昔は日本も頑張ってたらしい。でも今は使える広さなどで難しそう。
鏡で光を集めて、というのは感覚的にそんなんでいいの? と思ってしまう。
こういう大規模なものに関わらず現代の実験の精度がどの程度のものなのかがよくわからない。
観測機の感度が良すぎて新月の夜にしか観測が出来ないとかカッコよすぎる。
ちらちら先生の自慢話が入るのがなんとも。すげぇ人なんだなぁ。

量力は例によって式の変形にはついていけない。
でも負のエネルギー準位の話は面白かった。なんと豊かな想像力だ。
ただどこまでが事実だとわかっているのかに関してがうやむやにされてしまって残念。
レポートが追加される。七月中、ということだがすぐに〆切が来そうで怖い。

サークルのほうはリハ直前ということで結構皆さん練習していた。
もう技術云々よりもトラブルの対処とかに時間を割いて欲しいな。
リハはB班一回だけ、というのが結構不安。スタッフはオリジナルではないらしいし。
でも急にドラリハやりまーす、と言ったところで人が集まらないのは去年で実証済み。
ま、最終的にめでたしめでたしになればいいんでない?

超遠距離射撃
朝からバイト。
午前は前レジ。天気の悪さもあってあまり人がいない。
昼休憩後、午後は雑誌開け。もう一人の新しい人が昼から来ていてYさんもいたので三人。
すぐに終わってしまったので返品。ほんとはコミックの袋入れがやりたかったんだが。
久しぶりに文庫を17の箱(一番デカイ)に詰める。ちょっとした贅沢気分。
文庫はサイズが決まっているので箱にぴったり収まる。入れ方には迷わない。
三箱くらいつくったところで休憩。「アフタヌーン」と「IKKI」をちょっと読む。
「謎の彼女X」は休載だった。でも代わりにロボが載ってた。
鉄人は知ってるけどジャイアント・ロボは観たことがない。
「ぼくらの」は知らない間に人数がめちゃめちゃ減ってる。あと四人くらい?
すごい戦術の敵さんだけどどうやって勝つのやら。あと今後の話はどう進むのかね。
五十嵐大介のは来月末にコミックとして出るらしいので期待。
休憩後はダンボールの片付けだけやって帰宅。
横になっているうちに寝てしまい、気が付いたら月曜日だった。時間は非情だ……

The Game is On
過去問(昨日のつづき)に挑戦するも歯が立たない。
ハミルトニアンのなかにシグマ入れられるとそれだけで手が出ません。
力学は式がたっても解に自信が持てない。こんな汚い解なのか?

前々から気になっていたので古本の「値段シールの剥がし方」を検索してみた。
ドライヤーで暖めるとかライター用オイルを使うとかいくつか方法があるらしい。
まずドライヤーをやってみる。……剥がれん。糊が溶けるくらいまで熱さないといかんのかな。
ライター用オイルはたしかにキレイに剥がれた。こんなに楽に剥がせるのかとちょっと感激。
変な染みにならないかと心配しながらだったのだが揮発性なのですぐ乾く。問題なし。
ということで目に付く本の値札を剥がす。できれば立ち読みできなくてもいいので
本に直接は貼らないで欲しいのだが、きれいに剥がせるならいいか。直接書くのは勘弁。

ドラマ「ライアー・ゲーム」の最終回を観る。
三時間のはずなのだが二時間かけて前回までの復習をするのはなんなんだ。
やるならせいぜい三十分くらいでやってくれ。実質一時間なら通常どうりで十分なはず。
お話の落としどころとしては十分良かったのでは。これまでの安っぽさは
この終わり方を許容させるための伏線だったのかもしれん。普通のドラマでこれをやられたら
「あほか!」と怒られかねない。そこらへんはファンタジーですよ、というアピールが必要だな。
ところで原作ってどうなってるのでしょうね? 完結はしてないはずなので気になる。

見知らぬ明日……
梅雨入りが宣言されてから初めての雨。湿度が高く、蒸し暑い。
朝起きた時点で汗をかいているのは非常に不快である。でも冷房入れるほどでもないしなぁ。

お勉強会のために学校へ。
計算が煩雑なものを略せば今回分は内容的には普通。でもやっぱりいくつか計算ミス。
確率の時間依存性については無しってことでいいみたい。うん、そうか。
今日はだいぶ早く終わった。毎回こうだと楽なのだが。

違う年度の問題に手が出ない。この問題は力学のK先生がつくったんじゃないか?
電磁気もできない。ポインティング・ベクトルが意味するものは何?
こんなんでいいのか? どうにかなるのか?

サークルのほうに行くも何もせず。
卒業見込み証明書はちゃんと“見込める”人にしか出ないらしい。そりゃそうか。
夕食は遠くの寿司にも近くの焼肉にも行きたくないので帰宅。

その他内税
試験の日程をチェックしているとうまい具合に重なっていてガックリ。
どうしてこうも重なるのか。偶然なのか? わざとやってるんかな。
保険がないのが思った以上に効いてくる。あーこの先どうなるんかな。

バイトはまた新しい人が入ったらしく、今日が初日だそうな。
人数が増えるのはありがたい。ただ、また男だった。男ばっかの本ってどうなの? という話。
前レジ三人は真ん中のレジ係が結構大変。なぜこんな日に限って混むのだ!
一段落付いたぜーと思っていたら何か“余計に金払った気がする”という電話があった。
レシートに買ってない物が載ってたらしいのだが詳細不明。
打ち間違えた可能性もあるが消費税を勘違いしているのかも知れない。
履歴を見る限りでは怪しいのはないのだが……
先月もやったのに今月もワックス日にあたっていた。木曜だからしょうがないか。
面子が前回と同じだった。初日がワックスにあたった新人さんは残念賞だ。
やっぱり何を外に出すのかで揉める。どうにかしたいな。

時空図
ゼミ日なので早めに学校へ。
週に三回しか学校に行かないと密度が薄いのか気がつけばもう六月半ばですよ。
外からアクセスしてファイルをいじるのだけ習う。来週からRuby。
プログラムはなし。二つ平行でやっていけるだろうか。

英語ゼミは事前に読んでこなかったのもあって何がなにやら。
時空ダイアグラムが読めない。時間を縦にとってるあたりが曲者。
重力場のに関しては図の意味がわからない。海外センス。
今回の範囲が前回の僕担当分と比べると明らかに少ない。なんでじゃ。

D号館ではしばらく統計について考えるがテキストが無いので行き詰る。
わかるようなわからんような微妙なところ。突き抜ければ一気に見えるかな?
練習は師匠が指が治ったらしく自分でつけて教えていた。人のこと言えませんが、顔つきがな……

夕食時に高校受験の話。偏差値ってどんなもんでしたっけ? もう忘れた。
結局高校なんざドコいっても同じなんじゃないかと。出来るやつは出来るし
出来ないやつは出来ん。専門にわかれるわけでもないのでどうでもいいと思うけどなぁ。

狐面の少女
昼間で寝て、写真を撮って、振り込んで速達で送る。また寝る。

夕方からバイト。ちくしょう、眠い。
行き過ぎた善意というか「良いもの」は良くない。原因はそれだけではなさそうだが。
伝票もあったので時間の過ぎ方は普通。「夢使い」が入っていたのでまとめて購入。

植芝理一「夢使い」を読む。
呪術・魔術がらみの不思議な事件をオモチャを使って戦う“夢使い”が解決するという話。
結構前に深夜アニメでやっていて、レトロ調(?)なOPが妙に印象に残っていたわけですが
こうしてコミックを買う日が来るとは。縁というのはつくづく不思議なものですな。
宗教的、民俗学的な設定も多く出てきていて雰囲気自体は濃い目なのだけど
いかんせんお話としてはあまり面白くはない。フェチを通り越したヘンタイ成分も多いし。
とくに「虹の卵」編はヘンタイ度が高め。“ナルシズムの繭”は強烈過ぎた。
あとの「鉱物の聖母」と「影の女」はディスコミに近い雰囲気のファンタジー。
この作者は画が良いのですよ。オモチャ屋の背景にごちゃごちゃと描かれたロボットとか
ガチャガチャした機械趣味とか。前作はそこに落書きも入ってたんだけどね。
「聖母」後半くらいの版画みたいなタッチは非常に好み。もっと大きくて良い紙で画集でないかな。
ディスコミもまだ全部集まってないのでこまめに古本屋をチェックしたいところ。

理由
宇宙はまだまだ概要。
この大学の学生は素過程に弱いらしい。素過程っていうか、電磁気にじゃないかな……
先週の話と混ざってしまって発生の話なのか観測時の話なのかわからなくなってしまった。
とりあえず、しばらくは電子の話。復習せんと。

量力は具体的に方程式を解く。
記号の意味はわからなくても計算はそこそこ追える。で、結局何がでたのやら。
途中の文字の置き換えや新しい記号の定義なんかはどういう意味があるのかさっぱり。
時間をおけばわかるようになるんだろうか?

サークルでは珍しくOくんがマトモに練習を観ていたのでしばし量力について考える。
時間に依存する波動関数の時間の項って絶対値が一だから意味がなくない?
摂動のように時間がハミルトニアンの中に入ってこない限りは
各固有関数の“混ざり具合”は時間変化しないってことでいいんだろうか?

夜は願書を書く。自分の名前を間違えた。「也」を「世」って書いちゃったよ。
志望理由書なる書類があって苦戦。具体的なテーマも何も決まってないのに
千文字なんて書けるかー! でも研究計画を書けというところよりはマシか。
ぐだぐだしているうちに外が明るくなってくる。家族が起きてくる頃に書き終えた。
どうあがいても埋まらないので文字を大きく書いたりと小学生ばりの工夫。
そこまで重要視もされまい。寝よう。

開けドア
再批前に研究室によってゴミ捨てと課題のメール送信をするつもりだったが
一階の自動ドアに阻まれる。なんで学生証を認識してくれないんだ。
他の人のだとちゃんと開くらしい。一度失くして再発行したからかな?

時間ギリギリにブタ監がきて再批評会。
シンブル…細かいところを直してください。
カード…表情頑張ってました。入退場の歩き方はまだどうにかなるはず。
ロープ(1)…現象をちゃんと理解しましょう。立ち方と表情もちゃんとやる。
ハト…ミタニだけ見劣りしますね。ハト消し前は頑張る。
ロープ(2)…巧いのですがメリハリがない。もっと明るく笑ってくれぃ。
復新…こちらも表情の変化量が少ない。退場がきれいになってよかった。
歩き方とかはやればすぐ出来るんだから初めからちゃんとやりましょうや。
あと今年の広報は優秀なようです。去年は直前に頼んだブタ監が悪いのですが
ギリギリになってやってたし。人いっぱい来るといいねぇ。

帰りにブックオフでmoveのアルバムと初代ポケモンのサントラを購入。
「Gamble Rumble」の入ってるCDは前から探していたのでラッキー。
初代ポケモンはピコピコ音がたまりません。対トレーナー戦イントロが一番カッコいい。

テキストシリーズ
水道の蛇口を折ってしまったのでホームセンターへ代わりを買いに行く。
根元から水が漏れてるなーと思っていたらもう腐っていたらしく、ぽっきりいってしまった。
いざ売り場へ行くと長さがよくわからない。いつもどのくらいだったっけ?
適当に選んだものはつけてみると十センチほど長かった。わからないもんだ。
抜けないようにするためのリングとパッキンを両方つけるとはまらないので
ややキツめのパッキンだけにした。強く引っ張るとすぐ抜けるので気をつけるように。

しばらく前に挫折した二重振り子がやっと解けた。二次以上は消えるのだね。
微分方程式自体の解き方は教科書を見ながら。一年のときにはなんと使えない教科書かと
嘆いていたのだがポイントはきちんと抑えてあるらしい。でももっとわかりやすく書いてくれても。
統計に関してはミクロカノニカルってなんだっけ? というところまで戻る。
具体的な問題ばかりやっていても全容は見えないこともある。

ガルナの塔目指して
お勉強会の前に先生のところに研究室の選び方を聞きに行く。
例によってどこの研究室の何先生はこんなことやってるから……という話になるのだが
その区分がよくわからないのよねぇ。それって絶対的なものなの?
そもそも現段階で「これがやりたい!」というのがはっきりしていないのが悪いのか。
あと所謂「全滅」したときにどうなるのかは怖くて聞けず。何が待っているのやら。

お勉強会は比較的スムーズに進む。
電磁気のところで計算ミス続出。ベクトルなんてもうやだよー。
あとは統計が意味のレベルでわからない。エントロピーって一言で言うと何?
とはいえ問題を説明していてふと分配関数の意味はわかった(気がする)。
やっているうちにふと悟りを開く瞬間もあるのだな。もっと頻繁に開いてはくれまいか。

サークルのほうへ。練習はしていないようなのでだべって過ごす。
ブタ監のOくんは明らかに連絡が遅いのですよ。遅いから後々もっと面倒になってるだけじゃん。
そろそろ夏の種目紹介の日程調整なんかも始まってるらしい。頑張ってね。
そういえば松波の広報は大丈夫なんだろうか? 水面下で動いてる?

LLラーメンではなくチャーハン食べて帰宅。
マンガを読むのは“読書”に入るものもあると思うのですよ。

5/7
昼におきてちょろっと過去問。
二重振り子の問題が解けない。Lまではあっているはずなのだが
微小近似をどの段階で適用するのかを間違っているらしい。微分後だよなぁ?

バイト。伝票は多そうに見えて実はムックばっかりだった。ファイルに書くのが楽。
現在バイトが七人しかいないのにそのうち五人は四年生。このさき大丈夫なんでしょうか。
昔は一日四人入って一人返品、なんて時代もあったのに今は二人だけだし。

過去問再び。はまってしまって解けないので諦めて寝る。

朗読ですらなく……
論文検索のやり方とプログラムの基礎を教えてもらった後は英語ゼミ。
先週分、先々週分、さらにその前の残りから。もう何やったか憶えてないや。
で、今週分。なるべく概要だけにしたいのだが結局つらつらと訳を読むだけになってしまった。
問題に関しては別にコピーして配ってしまうほうが良かったかな。でもたいした問題ではないしな。
後半はもう棒読み。とりあえず終わったのでよしとしよう。
次回の範囲が長いうえに章末問題つき。早めに始めよう。

サークルのほうへ。
もう批評会終わってるんだから細かいところを直したいのだがねぇ。
細かすぎるんだろうか? でも例年同じことやってるよね?
もはやどう振舞えばいいのかわかりません。最近何もかもがわからん。

から揚げ定食で口の中を火傷。あっちぃ。「五百六十万円」って昭和の駄菓子屋かよ! と。

小銭は二十枚まで
角運動量の合成が出来なくなっていたので復習。
理屈を追うと理解は出来るのだがそこからmを下げたりjを変えたり出来るのかがわからない。
まぁ問題は機械的に解けるんだけど。と、思っていたらLS力についてが解けない。むぅ。

今日もバイト。
小銭をじゃらじゃらと台の上に直接乗せる人がいるのだが
小皿(名前がわからん)があるんだからそっちに乗せていただきたい。取りにくい。
現計を切った後に図書カードだから後ろへ、となるときに返品を忘れる。危ない危ない。
レジのところにカードは後ろへという張り紙はしてあるのだが
残念ながら気が付く人はほとんどいない。見たいものしか見えないというのは本当か。

明日のゼミの訳をちょっと復習。
あきらかな誤訳は修正。でもこれ日本語で読み上げてもそれだけじゃわからんぜ?

四人のうちの一人
宇宙は今日からY先生に交代。
教室に投影用スクリーンがないので教室チェンジ。小さい貼り付けるので十分ではないかな。
高エネルギー宇宙線観測に関しての話。初回なのでイントロダクション。
観測施設の設計について国による差があったり何系の民族だから~とか
いろいろあるらしい。「そういう世界」も知らないだけであるところにはあるのだなぁ。
あとこの先生の話し方はあまり評判よろしくないようだが好きなので今後もきちんとでよう。

量力は系のLTに関する話。わかるようなわからんような微妙なところ。
またレポートが出るそうな。そのときに復習すればいい……のかな?

バイト。新しい人が入ったらしいのだが顔を合わせんな。
電話に関しては担当者じゃないとよくわかりません。メモ残しておいてほしいな。
「夢使い」を注文して帰宅。もうそろそろ願書取り寄せないといかん。

重心まわりのモーメント
批評会二日目。舞台が邪魔だ。渉内はきちんと交渉するよーにっ!
カード…ミスしても表情には出さない。退場がもっとキレイになるとよいね。
ロープ…立ち方が気になったので直して欲しい。もっと華やかに笑えると。
シルセレ…ジェスチャーや驚くところを師匠や大師匠のビデオを観て練習してください。
リング…お客さんの存在をもっと意識すべし。笑顔は要修正。
今日の演者は表情がいまひとつ冴えない感じだったのでもっと楽しそうに笑えるとよいねぇ。

また寝てしまった後は過去問。
やっと剛体の回転が解けたぜぇ。そうか、式を解くのは近似が重要か。
だがその後の二次元調和振動子がわからない。昔の問題ほど難しいような気がする。

早起き早寝
早くおきられたので親父殿に遠くのブックオフまで連れて行ってもらう。
「ディスコミ」目当てだったが三冊しかなかった。学園編と精霊編もいれるとあと七冊か……
「らいか・デイズ」や「兇天使」の上下もあったので購入。あるところにはあるのだね。

一旦帰ってから傘をもって学校へ。批評会一日目。
カード…良かったのではないでしょうか。示しがもうちょい長いほうが拍手しやすい。
シンブル…曲を変えて練習しましょう。表情は師匠に聞いてね。
復新(1)…顔が硬い。あと退場までしっかり気合いを入れていよう。
復新(2)…変に切れても慌てずに。指先は伸ばす。やっぱり表情が堅苦しい。
ハト…表情は良くなったけど技術ダウン。助手は何をしとるのかね。
一年生は技術云々よりも表情や歩き方を重視したほうが結果としてよい演技になると思います。
あとカットアウトについて。本人が気付けるものはいいかもしれませんが
気付けないものは切ってしまってもいいのでは。見えてるのはよくないよ。
傘を持ってきたのに雨は降ってない。こうして天気予報が外れた記憶が蓄積されていく。

早起きの反動か眠くなってしまったので寝る。

初通し練
金曜恒例お勉強会。
力学は簡単だった。だが計算ミスがいくつか。一行前と違うことを書いていたりと凡ミス以下だ。
電磁気でも計算ミス。後の計算も全部答えがずれる。
しかしそれを抜きにしてもそもそも理解していないことが露呈。だめだこりゃ。
抵抗のあるコンデンサーって何さ。交流回路は方程式が複雑で解けない。
量力と統計はそこそこ。電磁気だな。

練習を見る。師匠も実験が早く終わったらしい。
投げ上げ後をやって二、三回通し練。批評会前日に初通しってどうよ。
技術どうこうよりもテンポの悪さが演技をダメにしている。来週はそこからだな。

家で教科書と二年後期のノートを引っ張り出してきて電磁気の復習。
方程式は解を仮定して解くらしい。まぁ振幅だけ求めればいいんだしな。
インピーダンスの使い方と意味がよくわからない。振動数ゼロで発散するのは何故。

「帰ってきた時効警察」最終回を観る。
ギャグに走りすぎていてもう事件どうでもいいよね。無理に事件入れなくても。
ひとつの話に二、三回かけたほうがよかったんではないかしらと思う。
続編というのは成功しないなぁ。

中間状態は第一励起状態のみとし……
家で過去問。
摂動の適用可能条件が計算できない。偶数奇数まで考えてはみたものの意味はなし。
図書館にでも行って本を漁りながらやるのがいいんだろうが
バイトがある日はわざわざ学校まで行きたくなくなってしまうのよね。

バイトは前レジ。
新しいパートの人に新しいバイトの人と間違えられる。あ、一人入ったんですか。
伝票チェックの量が異常に多い。五時半からつけはじめて、終わったのは七時。
ファイルへの書き込みはMくんにお任せした。終わったのが八時過ぎってどういうことだ。
新しく出たハリーポッターのチェスのやつ、意外とデカイ。ほかのコマもあのサイズなの?

英語の自分担当範囲を読み終えたので問題に挑戦。
一応章末に解答がついているのでそれを見ながら。だってわかんないし。

最古のプログラム言語
二週間ぶりのLinuxゼミ。
メール周りの設定と使い方。システムの全容は見えてこない。
そのうちこちらでももうひとつプログラム言語のお勉強をするらしい。
数学的に作られたやつとか日本人が作ったやつだとかMITで必修になっているやつだとか
知らないだけでそういう「世界」もあるのだなぁと。セカイは重ねあわせで出来ている。
で、プログラム本編はなぜかコンパイルのときにひっかかる。なぜ定数を認識しないの?

英語ゼミはまたもや中途半端なところまで
毎度毎度次回への持越しが発生する。ちゃんと最後までいくんだろうか?
卒研もあるので冬までには読み終えるらしいのだけど。けっこう量あるぜぇ。
あと院について。いいかげんマジメに考えないとなー。

サークルのほうへ。批評会が近いのもあって活気がある。
シンブルは前回に続いて投げ上げ以降。口は閉じるんだ。あと一歩は小さく。
八本出しもやるが足が一歩づつドッタンバッタンいってて美しくない。
もっとスマートに歩きながらやるんだ、と言ってもなかなか伝わらない。
あと表情については知らん。普段から口元が笑っていて、示しで笑顔としか言えんがな。

夕食の際にどこかにいるBくんと電話を通して会話。
忙しそうな彼と比べれば楽なほうなのかも知れぬ。だれてばかりもいられない。

The Observer
早くおきたので床屋に行く。いいかげん長くて鬱陶しかったのがさっぱりした。
帰る途中、古本屋を巡る。一軒潰れていてしょんぼり。
植芝理一「ディスコミュニケーション」を探すがなかなか集まらない。絶版みたいだし……

気分はすっかり休日だけど英語をやる。
英語がうまく日本語にならない。画数の多い「観測者」って書きすぎて手が痛い。
何度書いても「動く」を「運く」と書いてしまう。頭の中で「運動」とごっちゃになってるらしい。
あと「はかる」が「計る」なのか「測る」なのか「量る」なのかがわからないので平仮名。
だんだん英語が便利に思えてくるから不思議。なにかの陰謀ではないか。
あと二ページと問題を残すのみ。来週には間に合うだろう。

AD
宇宙はゆらぎの成長とBHまわりの降着円盤の話。
ダークマターがあるならそれにあわせて初めからもっと大きなゆらぎがありそうなもんだけど。
降着円盤の話はあまり式が出てこない定性的な話だったからか面白かった。
まだこういうのを面白がれることに安心する。なんか最近やる気でないしなぁ。
レポートはとりあえずノートがあれば大丈夫。加点を狙うなら図書館行きか。
来週からはY先生が来襲。また厳しくなりそうだ。

眠気と戦いながらの量力は有限のLT。
やっていることの意味はなんとなくわかるが、やっぱり一度記号の復習をしないと無理だ。
わかるような気分にさせるこの授業はいい授業だと思う。

五限後までしばらく英語を進めてからサークルへ。
前回出来なかった投げ上げの練習。ワイパーに次ぐ難関。
気をつける点が多いので大変だとは思うがなんともあれだな。再現度が低め。
師匠がやってるのを見てもっと全体的なフォームを真似してほしいのだが……

夕食後に練習するらしいがそれは見ずに帰宅。今日も眠いのですぐに寝る。

-104円
バイトが早番。日曜で雑誌が無いので十時からなのがせめてもの救いか。
五月以降、早番が増えた気がするが一時からを減らそうとする善意だと思いたい。
開店前から店の前で待っている人がいてなんじゃと思っていたら
教科書だった。今から? あとドア前にいられると雑誌が出せないのでございますよ。
後ろレジ。販売が一息ついたところで注文が入って値段表が見つからなかったりして
焦ったために結局値段を間違えた。うーん、やってはいけないミスをしてしまった……すみません。
あと副教材に関してもリスト化してほしいのだが。何がとれて何がとれないのかわからん。
暇なときはレジ後ろに落ちていたクリスマスの飾りでボールの練習。
左手はうまく回せないし右手も小指が短いのかすぐ落とす。シンブルで正解だったね。

立ちっぱなしで疲れてしまったのでさっさと寝る。

プラス五ページ
自分の番も近いので英語を読み進める。
前回は十五ページほどだったのだが今回は二十ページ。増えた。
内容は相対論。まぁ基本的なところからなのでどうにかなるさ。
ただ訳をノートに書きながらなのでスピードがでない。読むだけだと忘れちゃうし。

過去問の平面調和振動子にも挑戦。
固有値の条件がなぜ整数になるのかがわからない。教科書見てもわからない。
あと極座標でのラプラシアンなんて憶えてません。その場での導出も手間的に無理。
これ本当に夏に間に合うのだろうか?

未解決問題
第二回のお勉強会。
座標の取り方と方程式の符号については気がついてよかった。
電磁気に関しては公式を知っているか知らないかが響く。交代記号で証明できるらしいが
もう憶えてなかった。レポートでやったけど一年前だもんな。
量力の期待値について。普通に挟むだけでいいと思うんだけど。
ただちゃんと線形結合で書けないときに何を意味しているのかはわからない。
ついでに解けた気になっていた問題が解けてないことに気がつく。iが足りん。
統計に関しては「説明せよ」で何を説明すればいいのやら。
数学的に示すのか定性的な話がいいのか。低温近似が高温で使えない、ってのはダメだよね。
やはり誰も解けない問題というのはこうして集まったところで解けない。聞きに行くほうが早いなぁ。

練習はルーティンを最後までやるはずだったのだが衣装の準備が出来ていないので
投げ上げはまた今度。ちゃんとつくって来いやぁ。ワイパーと八本出しの練習をする。
ワイパーが難しいのは仕方ない。初めてやったときはこりゃ無理だと思ったし。
八本出しは足の動きを憶えてない。こういうときこそ去年やった師匠の出番だろう。
あと表情に関しては師匠にお任せすることに。僕には無理です。頑張ってね。

バイトのシフトを確認してから帰宅。明後日早番だと……



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。