プロフィール

Nobody

Author:Nobody
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

不思議の国の日記
"I see nobody on the road." 彼女には彼が見えるのです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウ&コラム
高速バス再始動の目処がついたらしいので、ネット上で予約を狙う。
三度目のトライにて予約番号を手にするも、本当に買えるのか不安なのでさっそく窓口へ行く。
本来はコンビニの発券機で買えるのだが、いまはそれができないし、発券待ちだけでなく
すでに動いているバスのキャンセル待ちと、予約してないけどチケット欲しい人でいっぱいである。
職員の数が足りないらしく、ちゃんとアナウンスができていない。いっそ予約済み以外には
売らないとしてしまってもよいと思うが、それはやるとしても明日以降だろう。御苦労さまである。
ということで無事買えたので、あと三日間、重大な事象が発生しないかぎりは帰れる予定。
これはもしかしたら追いコンにも……とも思ったが、期待しすぎは後々悲しくなりそうなので置いておく。

テレビでは原発、あるいは医学関係の専門家のひとたちが今回の放射線量について解説しているのだが
この断定を避けた「~の可能性はあります」という言い方が非常にそれっぽくて安心する。
だいたいなー、つい一週間前までシーベルトという単位を知らなかったり、マイクロとミリの区別が
つかないような連中が400だの1000だのと数字で騒いでもしょうがなかろうが。
会見および報道ではマイクロとミリが混在している。ミリで統一すると少なく感じられてよいのでは。
あと“毎時”は徹底したほうがよいし、できれば時間変化のグラフなんかもほしいところ。

スポンサーサイト
マイナス・ゼロ
駅前スーパーに並ぼうかと思ったが、あまりの人の多さに断念する。
電気と水、ところによってプロパンガスが回復してきているので、あとは食糧なのだが
こりゃあ物流が回復しても当分は混乱が続きそうである。
支援物資が云々というやつは、避難所はどんどん集めて数を少なくしていかないと
いかな空輸といえどおっつかないのではないか。でも電気とか回復しちゃうと安心しちゃうからなぁ。

Anti Tank Missile
昼間はテレビとネットをみる。どっちもも原発で大変である。
地震当日の夜、ラジオで「安全に冷やし続けることができないと判断した」と言っていて
大丈夫なんかいなと思ったものだが、実際状況は芳しくはなさそうである。
現状では人への影響は皆無だそうだが、長期戦になるのは確実なので心配。

復活の日
駅前の様子を見にゆく。バスが走っているのを目撃した。
コンビニおよび大型スーパーには大行列ができている。これは並ぶ気もしません。
袋一杯にものを買っている人を観ると、どうしても袋に目がいってしまう。
商店街では電気が回復しているので、そこらのコンセントで携帯を充電する人多数。
なかには延長コードとタコあしタップでものすごいことになっているところも。たくましい限りである。

午後、ふたたび外出。というかやることないのね。
近所に短めの列を発見したので並んでちょっとした食料と野菜ジュースを購入。
ここらへんは建物の被害は皆無ゆえ、あとは水と食料の確保ができればまず大丈夫。

三時前、電気と水道が回復する。ようやくメールの返信もできた。
水道はサビのようなものが浮いていて飲めなさそうだが、そのうち直るでしょう。
パソコンをつないでみるとネット回線も生きている。あとはガスと物流の回復を待つのみか。
テレビで津波の映像を観て、この地震の深刻さを初めて実感する。

夕方。三度外出。電気が広範囲で回復したらしく、ガソリンスタンドが復活していた。
一杯百円で味噌汁を売っている食堂もある。街の機能が回復していく様子はちょっと感動的。

節電節電とテレビが言っているので早く寝る。

全停止の街
全然寝られねぇ。
堅い床、寒さ、いびき。「ピノキオ」にこんなシーンがあったな。
つけっぱなしのラジオではスマトラのときには余震が一年続いたと言っている。

朝五時過ぎには完全に起きる。窓の外が明るい。
他の人たちも起き始める。この近所はほぼ無事だったらしく、疲れているが悲壮感はない。
八時前に備蓄の御飯が配られ、それだけ貰って家に帰ってみる。

学校の様子からめちゃめちゃになっていることを覚悟していたのだが、部屋はほぼ無事。
本棚も中身が入ったまま前進配置になっているし、冷蔵庫も開いていない。
昨日はまったく考えなかったが、避難前にブレーカーは落しておけばよかった。
水はまだ出るので鍋に溜めておく。携帯の充電器などは鞄につめておく。
片付けの必要がなくなったので、まずは寝る。暖かくやわらかい布団で寝られるのは幸せである。

午後、公衆電話から実家に電話。全員無事で安心する。
家が倒壊する確率は確実にボロ実家のほうが高いので、こういうときは心配である。
適当にうろうろしてみると、一部コンビニに列ができている。なにか売ってるんだろうか。
ガラスはヒビが入ったのが数件見られるだけで、割れているものは見られない。

夜、ふたたび電話のついでに散歩。
駅前の数ブロックは電気が回復していて、予備校の看板が煌々と照らし出されている。
車も走っている。建物が無事なだけに、各種インフラさえ回復すれば……

懐中電灯を持っていないので七時をまわると部屋のなかが真っ暗で動けない。
昼寝ているのであまり眠くはない。布団に入っているうちに、すぐそばの街灯が点いたので
ためしにブレーカーを上げてみるが電気はつかない。しかしこの調子なら数日中には回復しそう。

夜が明けたら
十時過ぎにおきる。いま安くなっているので、DVDを数枚借りて学校へ。

三時前、地震がくる。
はじめは一昨日の続きかいな、と思ったのだが本格的に揺れはじめたので机の下に避難。
かんなり揺れているのだが、当事者としてはあまり現実感がなく、戦闘中の掩蔽壕って
こんな感じだったのかしらんとか考えていた。同室のM1がえらく騒いでいてこっちが冷静になったのもある。
落ちてきたプリントや本で滑ってしまい、机の下に隠れるのが困難だということも知った。
揺れが収まったところでコート着て避難用ヘルメットもって下に降りる。上のほうはそうでもないが
三階以下では壁にひびが入り、ばらばらと崩れている。去年、耐震工事してあって本当によかった。

他の棟の人たちも外に避難している。
大きな被害はなかったようで、みな明るい。ハイテンションでしゃべって笑ってしている。
机の下に潜る派と、とにかく廊下に逃げる派があるのだがどちらが正しいのだろうか。
正直「でかかったが、たいしたことではない」という認識であった。今日は後片付けだなー、とか。
しばらくして、人数を区切って荷物をとりにいくことになる。電気が止まったので屋内は暗い。
室内はエントロピー最大の状態になっている。荷物をとって下に降りると吹雪のようになっている。
茫然としていると、手元のラジオからは十メートル級の津波が、と緊張した声が呼びかけている。
この時点でもこの地震で大きな被害が出ているのかがよく認識できていない。

備蓄していた水と乾パンを貰って、歩いて帰る。
道路は山を下る方面は渋滞している。上って行く人もちらほらいる。
街は停電しているらしい。信号は大きな交差点では点いているものもあるが、半分は消えている。
しかし車は大きな混乱を見せず、普通に走っている。皆黙々と歩いている。
自家発電ができているのか、一部銀行は電気がついていた。蛍光灯の光でも十分暖かいじゃないか。
自動ドアは止めているのだが、人が来るたびに手で開け閉めしていた。頭が下がる。

家についたがどうしていいかわからないので近所の学校にでも避難したいのだが
このあたりの駅方面しか地理がわからないので適当に歩く。運よくたどり着いたのでそこへ避難。

電気がついていないが、懐中電灯があちこちで点いているので全体がぼんやり見える。
体育館は人がいっぱいなので、べつの教室へ。狭い分、体育館よりは暖かい。
真っ暗でやることもなく、疲れているが眠くもならない。隣の人の持っているラジオからは
ここからそう遠くない地域が津波で“壊滅的”だという。暗さもあって気が滅入る。
アナウンサーもそれを詫び、「とりあえず、今夜を乗り切りましょう」と言っている。
夜は暗い。「夜が明けたら」という小松左京の小説があるが、あんな感じ。小説と違って朝は来そうだが。

菜の葉にとまれ
データ、といってもコード類だけなのでちょっとだが、を移動して再インストール。
日本語表示はわからん。文字コードって何? なレベルなのでしょうがない。
修論でさんざん書いたはずなのだが、もう書き方そのものも忘れている。こりゃ大変だ。

書かねばならぬ、何事も
面倒なことだが、年度報告書を書かねばならぬ。
例によってワードで形式が送られてくるのだが、もっと詳しく書いてくれないと
分量などがわからない。英語でも書かなきゃいけないというのが大変なストレスである。
また、レポート書いてみそのほうは蝶々で日本語がうまく表示されない問題が発生し
ネットで見かけた対応をわけもわからずやっているうちによくわからなくなってしまったので
こうなったら再インストールして初めっから設定し直すしかなさそう。
レポートは英語なので日本語いらないのだけど、できればきちんと設定しておきたいではないか。

大近似世界
スケールが大きいときの式というのをまとめてみる。
サインコサインがあるから振動するはず、となんとなく考えていたところは
スケールが大きくなると中身が極端に小さくなるので振動せず、ベキのかたちで書ける。
これにより、あまり場が大きくなったりできないことはわかるのだが、それ以上のことは
計算機でまわしてみないとわからない。パラメータの効果ももう少し調べたいのだが。

折れ線場
宇宙項を負にすると大きくなることが判明する。
場はカクカクと曲がり、体積は微かに波打つ。とうてい納得できる挙動ではない。
宇宙項を入れないときといい、なんだかもう異常過ぎてしまってどうしていいのかわからない。

野良犬と狂犬
「野良犬」を観る。
掏られたピストルで強盗事件が起きてしまった新米刑事がベテランと組んで捜査する話。
ベテランを演じる志村喬が素晴らしい。アイスを食べながら女を取り調べするシーンの
実にやる気なさそうな、テキトーそうな態度でありながらちゃんと聞きだすところとか。
序盤にちょっとだけ出てくるスリ担当刑事役の河村黎吉もいいおっさんであった。
三船敏郎がピストル屋を探して街をうろつくシーンは長すぎて飽きてしまったのだが
終戦から四年目の日本は復興してるんだかしてないんだかがよくわからない不思議な空間であった。

La Grande Illusion
「大いなる幻影」を観る。黒沢清のやつ。
存在の消えそうな若者ふたりの話。今まで観たやつで一番お話成分が少ない。
長回しを多用した画面はぼーっと観ているぶんには面白いのだが、やっぱりよくわからない。

植芝理一「謎の彼女X」の新刊を読む。卜部さんのCVは林原めぐみで。
どうやら、作者のビョーキは完治してしまったらしい。めでたいが、歓迎はできぬ。
思えば「夢使い」の虹の卵編が峠であった。あれを乗り越えてしまった以上、治ってしまうのは必然か。
しかし惜しいビョーキをなくした。ファンとしては再発を望む。

ツノだせヤリだせ
ちくしょう寒い。

他の解を探すがなかなか見つからない。
スケールがもっと大きくなるような解がほしいのだが、どのパラメータが
いちばん効いてくるのかすらわからん。大きくならない、が示せればそれはそれで面白いが。
問題の宇宙項は入れてもほとんど効いてこないことが判明。ポテンシャルの中に埋もれてしまう。
挙動自体はすばらしく面白いのだが、なにか他にないと書くものは書けないだろうなぁ。

山師のように
ぱちぱちと手打ちで解探し。
初期値を変えて計算するようにプログラムしてもよいのだが、結局グラフにせんことには
何がおきているのかわからないのが困りもの。グラフをかくところまでプログラムできればよいが
そういうのはできないらしい。少なくともお手軽には。
ということで解探し。ようやく見つかった解は前回以上に意味不明な挙動で笑う。

プラマイゼロ
丁寧に計算し直した結果、ポテンシャルの符号が間違っていたことが確定する。
その他の部分の計算があっていたのはうれしいが、符号の差はでかすぎる。
もうがっかり。もしや、と思うも以前の初期値では解にならず、また手打ちで解を探さねばならぬ。

犬は三日の恩を三年忘れず
計算続き。
進めるうちにどんどん不安になるので何度もやり直したりするので時間がかかる。
昨日発見された係数の間違い程度であれば以前の計算結果も定性的には問題ないのだが
終盤まで進み、ポテンシャルの符合が間違っていたらしいということに気付いたところで帰る。

更伊俊介「犬とハサミは使いよう」を読み終える。ファミ通えんため大賞優秀賞受賞作。
感想としては、これは厳しいなー、というのが正直なところ。
読み始めて早々、稲葉駅と地獄雑炊に笑う。終盤の陸橋といい、目配せはばっちり。
その後もなんとなく作者の年齢がわかるようなネタを交えた掛け合いが続く。が、それだけでは。
「本が好き」だけなのでキャラクタとして成立していない語り部とどこかで見たようなヒロインと
ライトノベルのお約束なのか何なのか、唐突なバトル。ほかに何かないのか。
せっかくのデビュー作なのに、この全篇にわたって漂うパッチワーク感はとても残念である。
きっとこの人“たち”ならばもっと変なものが書けるはずなのだ。ということで次回作に期待。
ところで、作中の新聞の見出しが強盗「殺人」じゃないのは続編への布石なのかしらん。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。